セミリタイアをするにはいくらの貯金が必要かと聞くのは無駄!?

スポンサーリンク

セミリタイアの貯金云々は聞くだけ無駄?

よく「セミリタイアをするにはいくらの貯金が必要ですか?」と聞いている人がいますが、聞くだけ「無駄」だと思います。

それは、人それぞれで、月々の生活費だったり年間で必要になるお金は違うからです。

その生活費としては、月10万必要な人もいれば、月20万必要な人もいますので、生活費の違う人たちに向け、セミリタイアをするには、1,000万必要ですよとか3,000万必要ですよとか、均一な数字などいえないわけです。

結局、セミリタイアに必要な貯金は「自分で試算する」しかないわけです。

私の場合のセミリタイア

例えば、私の場合なら「月10万」もあれば生活費としては足りますので、1年間にするとその生活費としては「120万」あれば足りるということになります。

そして、年金が65歳から始まるとして、セミリタイアした年齢が50歳ならば、年金まであと15年ありますので「120万×15年=1,800万」あれば、年金をもらうまで生活できると言うことになります。

さらに、年間のインフレ率や特別な出費(冠婚葬祭、家電買い替え、その他など)そのようなものを含めると「1,800万+300万=2,100万」となり、さらに念のために、病気や何かしらの出費などを考えて、少し手持ちの貯金を多目にすると・・・

「2,100万+300万=2,400万」

と言うことで、私の場合には、最低でもセミリタイアするには「2,400万」が必要だということになります。そしてこの2,400万は、あくまでも最低ラインのセミリタイア資金だと言うことです

セミリタイアはリタイアではありません!

ただし、セミリタイアは一般なリタイアとは違い、その名の通り「セミ」が付きますので、セミリタイア後に、バイトや副業などで多少なりとも稼ぐことになります。

そして、セミリタイアをした50歳から数年間働くとすると、上記に書いた2,400万ではなく2,000万もあれば、セミリタイア資金としては足りと言うことになります。

では、なぜこのブログでは、ブログのタイトルにセミリタイア資金を「2,000万」ではなく「3,000万」としているのか?

やりたいことがたくさんある。

それは、私はセミリタイア後にやりたいことがいろいろとあるからです。例えば、旅行で全国各地を周りたいとか、各地の温泉に行きたいとか、各地の山を登りをしたいとか・・・

その他にも、バイクを買ってツーリング三昧をしたいとか、ロードバイクを買って旅行を兼ねて遠出をしたいとか、そんなやりたいことがたくさんあるわけです。

そのやりたいことを実現するためには、言わずと知れた「お金が掛かる」わけですが、そのために、セミリタイア資金を2,000万ではなく3,000万としていると言うことです。

また、セミリタイア後に何かしらの形で収入を得るといっても、確実に収入を得れるとは限りませんので、無収入になる可能性も含めての3,000万となっています。

最後に

とにかくセミリタイアをするための貯金は、人に聞くのではなく各自で試算するしかないということです。

その試算については、決して難しいことではないと思いますので、人に聞くより自分で計算する方が、より正確な数字を知れると思いますので良いと思います。

そして、セミリタイアに掛かる貯金(資金)を自分で試算することが、セミリタイアをするための準備段階としての第一歩になると思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク