必要以上に貯金がある人はマイナス面も多いという事実

スポンサーリンク

多くの貯金はむしろマイナス?

お金は、あればあるに越したことはないと思うし、それと同様に貯金も多ければ多いに越したことはないと思います。

それは、誰もが認める事実だと思います。

しかし、必要以上に貯金があるという人は、お金があるからと良いことばかりでなく、マイナスの面も多くある事実もあるとのことです。

多くの貯金が労働意欲をなくす?

それは、必要以上に貯金があると、お金があるわけですから、必死になってお金を稼ごうとか仕事をしようとかの労働意欲に欠けてしまうとのことです。

ほとんどの人が好きで仕事をしているわけではないと思います。

それは、生活のためと割り切っているから仕事ができるのであって、自分の好きなことを仕事にしている人は極わずかです。

そこで、貯金が多くあってその貯金で一生に渡り生活ができるのなら、むしろそんな仕事は辞めてしまって、自分の好きなことをしようと思う人がほとんどだと思います。

貯金が多くあれば仕事をしない?

お金があるのに仕事をする意味を考えると、それは好きだからできるのであって、多くのお金があるのに嫌な仕事やりたくないもない仕事をする人はいないと思います。

例えば、宝くじで3億円が当選したらどうしますか?

今している仕事が嫌なものもしくは生活のためにと仕方なくだったとしたら、その嫌な仕事を続けようと思いますか?やりたくもない仕事を続けようと思いますか?

ほとんどの人が、そんな仕事は辞めてしまって、当選した3億円をどう有効に使おうかと考えると思います。

必要以上の貯金は生活を不規則にする?

また、必要以上に貯金がある人は、生活が乱れやすいとのことです。

お金があれば好き勝手にお金を使うことができますので、車でも洋服でも食材でも無駄に多くを買ったり、中には、風俗やギャンブルなどにハマるなどしてしまい、無駄な出費を多くしてしまう人もいると思います。

そのことで、生活が乱れてしまい、生活が不規則になったり、病気になったり、思わぬトラブルに巻き込まれたりなどがあるそうです。

最後に

貯金が多くあっても無駄使いなどせず堅実に生きている人もいるかと思いますが、中には、貯金が多くあることで、人生を踏み誤る人もいると思います。

お金は使い方1つで、人生を良くも悪くもすると思いますので、必要以上に持たなければ、結果として悪くはならないと思います。

しかし、お金を多く持ちたいと思うのは、だれしもが持っている欲の部分ですので、仕方ない面もあると思いますが、そのお金を多く持つことで、返ってマイナスになるという事実もあるということです。

スポンサーリンク