投資信託の資産残高が初の100兆円超え!そこで思うのは?

スポンサーリンク

5bf340d53240a717a5d51f37a094ac1c_s

投資信託の残高が100兆円超え!

投資信託の資産残高が5月末(2015年)に、初めて100兆円を超えたそうです。

最近、日経が上がっていますが、これだけ投資信託が買われているのだから、その日経が上げるのも当然なのかな?

さらに、少額投資非課税制度(NISA)も追い風で、超低金利時代に少しでも利益を得たいと思っている個人投資家のお金が、その投資信託に流れ込んでいるそうです。

世の中にはお金が余っている?

今は、世の中にお金が余ってる状態ですので、投資先を探している人にとっては、気軽に投資ができる投資信託に、資金が回っているということなんだと思います。

しかし、簡単に投資ができるということは、簡単に利益を得ることができる代わりに、簡単に損もできる。それなりに危険をはらんでいるということになると思います。

そこで、ここまで日経が上がってしまうと「もうそろそろ落ちるのでは?」と思い、買わないで傍観(ぼうかん)していると、どんどん日経が上がっているような状態です。

それは、株の格言「もうはまだはなり、まだはもうなり」これが当てはまる状態です。

無理して投資を行う必要はない?

投資信託や株は、買わなければ儲けられないわけで、しかし、買わなければ損もしないわけです。その買う買わないの判断は難しいと思います。

結局「迷っている」とか「どうしよう?」とか、そんなことを書いてたり思ってたりするうちは、株などの投資で儲けることはできないと思います。また、少しでも迷いがあるなら無理に投資は行うべきではなと考えています。

そこで、投資信託の資産残高が、100兆円を超えたからといって、投資をするか迷っている状態で飛びつくのは、いささか早合点なのでは?と、そんな感じに思っています。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク