誰もがホームレスに転落する可能性あり!?安定したガス会社員がホームレスに転落

スポンサーリンク

INA99_saifuaketara1en_TP_V
ホームレスに転落したAさん

Aさんは、かつてガス関連会社に勤務しており、比較的安定した職に就いていました。しかし、35歳の時に持病の腰痛が悪化して、会社を辞めざるを得なくなった。

その後、持病のせいで再就職がうまくいかなくなったのですが、それでも当時はバブルの真っただ中だったので、日雇いのガードマンの仕事で十分に食っていけました。

しかし、バブル崩壊後は日当も下がり、仕事自体も月に5日しかなくなってしまい、結局、ホームレスになってしまったとのことです。

生活保護

それからは生活保護で生活する毎日、しかし、給付される金額はわずか「3万円」のみ

本来なら13万円あるはずの生活保護費が3万円しかないのは「無料低額宿泊所」で暮らしているからだとのことです。

無料低額宿泊所とは、主に生活保護受給者が無料もしくは低額で入所できる福祉施設のこと。

生活保護費から、その無料低額宿泊所の住居費と食費がすでに引かれているため3万の支給となっている。

プライバシーのない部屋

Aさんが暮らすのは、6畳のワンルームには2段ベッドが3台並んでおり、全15室の小規模な建物に90人の生活保護受給者が暮らす宿泊所

そこには、プライバシーなんてないし、いじめや暴力だってある。腕っぷしの強い人間が幅を利かせていて、ちょっと刑務所を思わせるような雰囲気とのこと。

食事は朝と夜の2食だけ、朝はパンで、夜はご飯とおかず。付け合せの野菜はいつもしなびているし、レトルトや冷凍食品が多い。ご飯のお代わりは1回しかできない上、週に2日は冷えた弁当

最後に

住んでるところや食生活を読むと確かに少し酷い状態だと思います。これで3万円しか支給されないのだから、年齢的なこともあり再起はかなり厳しいと思います。

しかし、言葉悪いですが「生活保護」ですから、文句の言える立場にはないと思います。

それは「生活保護は文句を言うな!」と言っているわけではなく、まともに働いている私も同じ様な状況ですので、大抵の日本人は同じような生活を送っていると言うことです。

私も同じ様な状況と言うのは、特に住んでるところが豪華ということはなく、食べてるものAさんと大して変わりませんので、Aさんの暮らしも私の暮らしも変わらないと言うことです。

スポンサーリンク