月10万で生活している僕はやっぱり底辺だと思うんだよね。

スポンサーリンク

月の生活費

私の月の生活費は、その月によってもバラつきがあるのですが、大体10万前後ぐらいです。

その生活費は、少ない月だと9万前後、多い月は11万前後になります。

生活費が少ない月は、食材などを前月に買い溜めしていたりして少なくなっています。

逆に、生活費が多い月は、生活必需品(洗剤、石鹸、薬など)をまとめて買ったり、服とか靴を買ったりすると数千円使ったりするので、それで自然と生活費が多くなっています。

大きな出費

それと、出費で大きいのが、年1~2回行くか行かないかの旅行で、1度旅行に行ったりすると、軽く1~2万は出て行ってしまいます。

あと、大きいのが、親へのプレゼントで、今年は、運動不足だというので「ルームランナー」(健康器具)を送りました。

それと、これはポイントが貯まった分で送ったので無料だったのですが、少しお高目の肉とか魚の干物とかの食材も送ったりしています。あとは、少ないですが、定期的にお小遣いも渡しています。

そんなのが、私の出費で大きい部分です。

で、ここからが本題

その月10万の生活費を見て思うのは「やはり俺って底辺だよな」ってことです。

もちろん、それ以下で生活している人が多数いる事実は知っています。

しかし、ぼろい家に住んで、貧しい食事をして、極力無駄使いはせず、節約にいそしんでいる今の自分

そんな自分を見ると「生活保護以下」の生活を送っていて「それってどうなの?」と、いつも思ってしまいます。

今の生活は嫌いじゃないけど嫌いかな?

今の生活は、貧しい生活だけど嫌いじゃない。ただ、好きでもない。

それは、世間一般から考えると「もう少し贅沢をしてもいいのでは?」とも思ってる自分もいるからです。

ただ、一度贅沢をしてしまうとというか贅沢を覚えてしまうと、歯止めが効かなくなってしまって散財してしまうのが怖いので、それで貧しい生活を続けています。

あと、給料的に少ないので、貧しい生活を送らざる負えないってのもあります。

最後に

多分、一生この貧しい生活が続くんだろうなと思っているというか、宝くじにでも当たらない限りは続くはずです。

そこで思うのは、もっと節約して、節約は節約で頑張る。

ただし、今以上に頑張って節約して浮いたお金で、それこそ旅行だったりやりたいことだったりにお金を使って、今後は、今以上に生活を充実させられればと思っています。

スポンサーリンク