手取り12万の一人暮らしでアドバイザーからの助言とは?

スポンサーリンク

就職が決まるも手取りは12万!

ある女性が、就職が先が決まりその就職と同時に、初めての一人暮らしをするといいます。

しかし、その就職先の給与は手取り「12万」と低く、どうやって一人暮らしで生活していこうかと悩んでいるそうです。

そこで、アドバイザーが生活費云々についてアドバイスをしているのですが・・・

そのアドバイスがセミリタイアの生活費などについて、何かヒントになることがありかもしれません。そのアドバイザーからのアドバイスが以下になります。

月2万を貯金に回すこと!

アドバイザーいわく、まずは10万で生活できるようにして、残りの2万は余裕をみて置いておくこと。そして、その2万は貯金するのが良いとのことです。

それは、若いときは病気などにならにならなかもしれませんが、歳を重ねるごとに病気などになり医療費が掛かることになる可能性がある。

また、医療費のことだけではなく、もしもの出費に備えて念には念を入れて、貯金しておくに越したことはないとのことです。

そのため、生活費とは別に切り分けて、月2万を貯金した方が良いとのことです。

まずは家賃と食費を節約!

そして、生活費の10万の中から切り詰めるべきは、まずは「家賃」と「食費」だといいます。

それは、住む場所にもよりますが、東京だと家賃は安くても3~4万はしますので、低収入の場合は、いかに収入に対して家賃の割合が高く節約すべきかがわかると思います。

そして、食費については、節約では一番やりやすいといわれていますので、生活費を低く抑えるには食費の節約は必至だと思います。

もちろん、その他も節約できることがあれば、節約した方が良いとのことです。

ネットやカードなどを活用する。

また、食費を節約するにもただ買い物をするのではなく、ネットやカードを利用することで節約ができるといいます。

それは、ネットで食材を買えば、使ったサイトからポイントが還元されますので、そのポイント分がお得になり節約につながるということです。

また、カードで買い物をすれば上記のネットと同様に、カード会社から使った分だけポイントが還元されますので、お得だということです。

使えるお金は限られていますので、もらえるものはもらっておく!ということを追求する姿勢が大切だとのことです。

お金は使えば当然なくなります!

お金は使えば当然なくなってしまいますので、多くの無駄使いをしていれば、あっという間にお金はなくなってしいます。

そこで、お金のことを考えながら使うことは、生活する上で大切なことだと思います。

そして、セミリタイアすれば、大抵は収入は減ることになりますので、お金の使い方に気を付ける必要があると思います。

そこで、上記に書いたように、家賃や食費など節約できることは節約することで、セミリタイア資金を少しでも減らさずに済むということです。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク