玉の輿の日と女性が考える玉の輿といわれる年収とは?

スポンサーリンク

玉の輿とは

玉の輿とは、女性が金持ちの男性と結婚することにより、自分も裕福な立場になることです。ちなみに、男性が金持ちの女性と結婚する場合は「逆玉(ぎゃくたま)」と呼ばれています。

そして、女性が考える「玉の輿」(金持ち)とは、一体いくらの年収の人を差していうのか?以下にアンケート結果があります。

1/20は「玉の輿の日」

1/20は「玉の輿の日」ということで、女性が玉の輿と考える男性の年収を調べた結果があります。その玉の輿の年収のアンケート結果は・・・

1位・・・3,000万以上
2位・・・2,000万
3位・・・1,000万
4位・・・1,500万

この結果から、年収1,000万以上の人を差してお金持ちといい、そのような人と結婚することが「玉の輿」ということになります。

年収1,000万以上の人の割合は4%?

そして、年収1,000万以上の人の割合は、現在働いている男女の合計に対して「約4%」になるそうです。

この4%という数字は、男性だけでなく女性も含めての数字ですので、男性だけとなるともっと低い数字になります。

そして、その4%以下の年収1,000万以上の男性をして玉の輿と呼んでいる女性が、いかに多いかということが、上記の年収のアンケート結果からわかると思います。

そして、最近では、自分で稼げる時代なりましたので、玉の輿を狙う女性は以前に比べると、少なくなっている傾向があるそうです。

最後に

私の年収は、現在250万程度ですので、年収1,000万以上にはほど遠い状態ですので、玉の輿というか結婚とは「無縁の世界」で生きています。

しかし、私の両親や親戚となると「いつ結婚するんだ?」「まだ結婚しないのか?」「いい加減に身を固めろ!」などと、毎回のようにいわれています。

それでも最近は諦めたのか、結婚のことについては、両親からも親戚からも、以前に比べるとあまりいわれることは少なくなりました。

そして、両親に孫の顔を見せられない子供(私)って、やっぱり親不幸なんでしょうね。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク