会社の退職理由の1位は人間関係ではない意外な理由とは!?

スポンサーリンク

私が仕事上の人間関係が大嫌いです!

セミリタイアを考えている人の中には、仕事がイヤだとかキライだとかの理由で、会社を辞めてセミリタイアと考えている人もいると思います。

かくいう私もそのうちの一人で、会社の仕事上の人間関係というか、社員旅行や飲み会などの人付き合いが大の苦手です。

また、仕事上で起こる、言った言わないの水掛け論だったり、上司の命令は絶対だったり、取引先の人に無駄にペコペコしたり・・・

とにかく、仕事上で起こることに対して、給与をもらっているから仕方がないと嫌々対応してるというのが、今までの仕事のあり方というかやり方でした。

人間関係以上にイヤなことがある!?

それは、私だけのことではなく、私以外の会社を辞める人の多くは「人間関係」で、会社を辞めているのだと思っていたのですが・・・

しかし、その私の考え方とは違い、多くの人は人間関係以外のことで、会社を辞めたり転職したりしているそうです。

もちろん、人間関係で会社を辞めるという人もいると思いますが、人間関係で会社を辞めるという人は、あるデータを見るとランク的に低いことがわかりました。

以下、会社の退職理由についてのデータになります。

会社の退職理由ランキング

1位 給与など収入に不満・・・「約50%」
2位 人事や評価に不満・・・・「約40%」
3位 残業や休日出勤が多い・・「約30%」
4位 会社の将来に不安・・・・「約30%」
5位 人間関係に不満・・・・・「約20%」

上記を見ると、人間関係は「約20%」となっており、人間関係よりも「給与」などに不満をも持つ人が、いかに多いかとうことがデータを見てわかると思います。

この結果を見て、給与などに不満を持つ人が退職理由の1位とは、私は意外な結果だと思ってしまいました。

人間関係よりも給与が大切!?

あくまでも、私の今までの経験でしかないのですが、給与が多少低くても、人間関係が良い会社は長く続いていました。

逆に、人間関係が悪いとなると、給与云々の前に仕事がまともにできませんので、その悪い人間関係が嫌で比較的すぐに会社を辞めています。

そういった意味では、給与のことも大切ですが人間関係はより大切で、人間関係ありきの給与だと思う部分もあります。

しかし、世の中の働く人の多くは、人間関係云々よりも給与が低過ぎると考えている人が、私の想像よりもかなり多くいるということなのだと思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク