結局のところ収入の何%を貯蓄に回せばいいのか?という話し

スポンサーリンク

漠然と貯蓄をしろといわれてもね?

貯蓄をするといっても、収入の何%を貯蓄に回したらと悩む人もいるかと思います。それは、将来に備えて貯蓄をすることが大切だといわれても、実際に収入のどれだけを貯蓄に回せばいいのかわからないということです。

当然のこととして、人により収入額も生活スタイルも違いますので、一概に収入の〇〇%を貯めなさい!と断定することはできません。

そして、その貯蓄に対してのアンケート結果がありますので、以下に書きたいと思います。

収入の何%を貯蓄に回せば?

まず、アンケートとして「収入の何%を貯蓄に回していますか?」と質問したところ、平均すると「約18%」となったそうです。

これは、例えば、給料などの手取り収入が「20万」の人は「36,000円」を貯蓄なり投資なりに回しているということです。

そして、この18%という数字は、あくまでも全体の平均であって、独身の場合、2割~3割以上は貯蓄に回しているそうです。また、同居の場合、4割前後を貯蓄に回しているそうです。

ということで、貯蓄をどうしたらいいのわからないと迷っている人は、収入の「2割前後」を貯蓄に回すというのが、一般的だということになるかと思います。

5:1:4の法則

そして、繰り返しになりますが、上記の収入の2割の貯蓄というのはあくまでも「目安」であって、誰にでも通用する数字というわけではなく、世間一般では、収入の2割前後を貯蓄に回してるという「参考数値」だということです。

さらに、貯蓄2割を「5:1:4」に分け「貯蓄:投資:充実資金(趣味などの資金)」に別けると良いといわれているそうです。

最後に、貯蓄には、上記のような考えもあるということで、あくまでも参考として読んで頂けると幸いだと思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク