セミリタイアにはより多くの収入源を確保することが大切!?

スポンサーリンク

問題なのは低資金セミリタイア?

セミリタイアをして多くの資金がある人は、生活費という面では特に問題ないと思います。

しかし問題なのは、少ない資金(低資金)でセミリタイアを考えている人だと思います。

例えば、セミリタイアの資金が3000万あるとします。

セミリタイアで、月の生活費が約15万、その他で年間で200万が必要となると、3000万あれば、単純計算で15年は最低でも生きられる計算になります。

そこに、アルバイトなり副業なり何かしらの収入源があれば、さらにその年数は伸びることになります。

大切なのは多くの資金源を確保すること?

しかし、人生には思いもしない突発的な出来事が起きるのが通常!?

例えば、車で事故ってしまい多くのお金が掛かってしまった。人に大金を貸して戻って来なかった。病気になった。親の介護が必要になったなど。

そこで、多くのお金を失うことになり、当初予定していたセミリタイア資金では足りないという場合のも発生すると思います。

そこで、セミリタイアで大切なのは、収入源をより多く確保することだと思っています。

生活費の内訳

例えば、上記の例の月の生活費15万の内訳、バイト10万、貯金の取り崩しで5万とするのと、バイト5万、株の配当で3万、アフィリエイトで2万、貯金の取り崩しで5万、そのどちらの15万がいいのか?

それは、当然「後者」で、その理由としては、どうしてもお金が足りないとなれば、バイトを増やすなどの手段ができるからです。

しかし、前者だとバイトを増やそうにもバイトで月10万以上を稼ぐとなると、普通に働くのと時間的になんらかわらなくなってしまいます。

それでは、せっかくセミリタイアをした意味がなくなってしまうと思います。

最後に

このセミリタイアをするのに、少しでも多くの収入源を確保するというのは、私の考えであって、それが万人に当てはまるのか?といわれれば、そうとは限らないと思っています。

しかし、普通に考えて、セミリタイアだけでなく普通に生活をしている状況でも、収入源は多い方がどう考えても良いいうことがわかると思います。

それは、リストラされた、会社が倒産したなどになれば、すぐに再就職とはいかないわけで、そこで、普通に働く以外の収入源があれば、少しでも金銭的に助かるからです。

ということで、セミリタイアを考えている人は、将来的なセミリタイアをするのために、収入源を多くする努力を今からすべきだと私は思っています。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク