お金持ちになれる人なれない人の「10の習慣」は矛盾だらけ?

スポンサーリンク

お金持ちがしている10の習慣

世界でお金持ちといわれている人たちには、共通する習慣があるそうです。

それは、とても些細なことですが、つい私たちが見逃してしまうことだそうです。それは、できそうだけど徹底するのは難しいことだそうです。

そのお金持ちたちが徹底して行っている「10の習慣」があるとのことで、以下に紹介したいと思います。今後のお金に関するヒントになればと思います。

10の習慣とは?その具体的な内容

・シンプルで質素な生活をする。
・誰もが大きな可能性を持っているモノではなく自分に投資する。
・結果的に時間とお金の節約になる食事はケチらない。
・モノよりも経験にお金を使う。
・なんとなくでお金を使わない。
・お金を増やすために使う。
・情けは人のためならず自分から先に与える。
・1秒でも決断を早くする。
・小さな出費を気にする。
・アイデアは必ず実現する。

矛盾が多過ぎる気がするのですが・・・

以上が、10の習慣になります。上記の10の習慣を読んでどうでしょうか?みなさんは、どう思いましたか??

そして、上記をより多く実践できている人は、お金持ちになれる可能性が高いもしくは、お金持ちだということなのですが・・・

どれもいっていることはわかります。しかし、矛盾することがとても多いと思います。その矛盾している具体例を下記に書きたいと思います。

矛盾している具体例

例えば、シンプルで質素な生活をしろといいながら、食事をケチらないというのはどうかと思います。質素な生活をするためには、食事をケチのは必然だと思います。

それと、質素な生活といいながら小さな出費を気にするなとはどういうことでしょうか?質素な生活なのですから、小さな出費も気になると思います。

また、アイデアを実現するには、時として多くの出費が掛かるときもあると思います。それは、質素とか節約とは無縁の世界になる場合もあるということです。

また、早く決断することが、良い場合もあれば悪い場合もあると思います。

まだまだ指摘したい矛盾点はありますが、今回はこの辺にしておきます。そして、結局のところ矛盾だらけで、私には「10の習慣」が、よくわからないという感じなのですが・・・

最後に

巷でよく売られている本に「成功するための7の習慣」とか「失敗しないための15の習慣」とか、その手の本が多数存在しますが・・・

そして実際に、その手の本をざっと読んだことがありますが、私は、部分的に納得することがあっても、全体を通すと一度も納得できた試しがありません。

ですので、その手の本を立ち読みなどでざっと読むことはありますが、実際に買うことは、ほとんどありません。

そして「〇〇の習慣」とか「〇〇の法則」などの本を見ると、言葉悪いですが「またしょうもない本が発売されたな。」としか思わなくなってしまいました。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク