45歳で資産2000万でセミリタイアしたシミュレーション結果

スポンサーリンク

セミリタイアをシミュレーション!

私がセミリタイアしたいとおぼろげに考え始めたのは、記憶が定かではありませんが、今から確か8年ぐらい前のことになると思います。

そして、その当時に考えていたセミリタイアの年齢と資金については、45歳までに最低でも資産2000万と考えていました。

そこで、45歳で資産2000万でセミリタイアした場合のシミュレーションをしてみました。

シミュレーション結果

仮に、68歳から年金が支給されると考えると、年金支給まで「(2000万-200万)÷(68歳-45歳)」=「月6.5万」ほど使えます。

ちなみに、マイナスした「200万」は、もしものための「予備資金」になります。

そして、使えるお金が「月6.5万」では少ないと思うかもしれませんが、セミリタイアはリタイアとは違い、働いたり副業などで何かしらの収入を得ることが前提です。

ですので、セミリタイア後は、軽いバイト程度の仕事はするつもりですので「バイト+月6.5万」があれば、私は独り身ですので、月10万もあれば生活費としては足ります。

現在のセミリタイア資金の目標

しかし、上記のシミュレーションは、年金支給まで月6.5万しか使えませんので、生活ができるとはいっても少なく不安な額です。また、高齢になってバイトができるかも不明です。

さらに、68歳以降に支給される年金は、生活するに十分もらえる保証はどこにもありません。また、将来的に消費税や医療費などの社会保障などが上がることを考慮すると・・・

結論としては、今ではセミリタイア資金は、2000万では足りないと思っています。(正確には足りると思いますが、生活がかなりギリギリになる可能性がある。)

そして現在は、セミリタイア資金を「3000万」と決め、その3000万のセミリタイア資金を貯めるべくコツコツと節約などに励んでいます。

私には3000万が頃合い!?

今の私のセミリタイア資金の目標は3000万です。それは上記にも書きましたが、2000万では足りないと考えているからです。

もちろん、セミリタイア資金としては、目標である3000万以上あれば、お金は多くあるに越したことないと思いますが・・・

しかし、あまり高い目標だと、その資金を貯める前に60歳になってしまい、定年退職なんてことにもなりかねないと思っています。それではセミリタイアではなくリタイアと同じです。

ですので、収入の少ない私の場合は、その3000万がセミリタイア資金としては、頃合いの金額になるのかなと思っています。

最後に

しかし、その3000万を貯めようと思うと、収入の少ない私の場合は、年齢的に50歳以上、場合によっては、55歳前後になる可能性も十分にあると思っています。

そこで、最悪の55歳を超えてセミリタイアするぐらいなら、無理にセミリタイアなどする必要もないと思ってしまうことも、ほんの少しだけですが無きにしも非ず!?

それは、セミリタイアについてシミュレーションしてみてわかった、なんとも悲しい現実がそこにあるということです。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク