医者が健康のために食べている食材ベスト5

スポンサーリンク

セミリタイアで一番大切だと思うのは「健康に生活すること

不健康で病気になれば、お金も掛かるしバイトや副業なども含めて働けないしで、セミリタイアをしようにもできなくなってしまう可能性があります。そのため健康に生活するために食べる食材はとても大切だと思います。そこで健康に良いとされる食べ物を調べてみました。

健康に良いとされる食べ物でも医者が食べている物なら信用できる?と思い、その医者ご用達の健康に良いとされる食べ物を調べてみました。

1位 トマト
「できるだけ生で食べる」(50代、一般内科、女性)、「毎日朝に酢とオリーブオイルで食べる」(30代、呼吸器内科、女性)というコメントもあり、自身の健康のために積極的に摂取している医師が多いようです。

ただし、トマトは好き嫌いの人が比較的多く、人によっては食べにくい食い食材の1つだと思います。食べにくいという方は、鍋にしたりスープにしたり焼いたりで、工夫をすることで食べやすくなると思います。

2位 ヨーグルト
「ヨーグルトは腸内細菌の環境を整え、アレルギ―、免疫機能の改善をする」(40代、一般内科、男性)という医師らしいコメントや、「カルシウムのために、牛乳、ヨーグルト、チーズを毎朝とっています。アメリカでは3 a dayと表現しているようです」(40代、一般内科、女性)と、やはり健康維持を目的として、積極的に摂取している医師が多いようです。

3位 納豆
納豆が3位の理由としては「納豆などの大豆製品がホルモン系の悪性腫瘍を抑制する効果あり」(30代、一般内科、男性)、「血をサラサラにするものとして納豆、オクラの摂取を心がけている」(40代、呼吸器内科、男性)という声が並んでいます。

納豆もトマト同様に好き嫌いの人が多いと思うので、調理方法を工夫することで食べやすくなると思います。

4位 ブロッコリー
「野菜についてはブロッコリーを含む、アブラナ科の野菜を選ぶことが多い。オリーブオイル併用での無水調理が定番」(50代、健診・予防医学、男性)という医師もいるように、アブラナ科の中でも、手に入りやすく食べやすい野菜である点も、人気の秘訣かもしれません。

上記では「食べやすい」と書かれていますが、私個人では、独得の青臭さがあってブロッコリーは少し苦手な食材です。

5位 りんご
「朝にりんごと温かいもの」(30代、神経内科、女性)、「毎朝、りんごとヨーグルトを食べてます」(50代、一般外科、男性)というコメントが並び、身体を冷やさない工夫をしたり、継続して摂取したりする医師もいるようですね。

次点 青魚(6位)
青魚は欧米化の進む現代の食生活で摂取量が減っているEPAというオメガ3系脂肪酸が豊富。この脂肪酸は血液をサラサラにする作用があり、動脈硬化予防などにつながります

食べる順番としては、野菜から食べはじめ、魚系のタンパク質、最後に炭水化物というふうに食べるのが良いそうです。

1位から5位の食材をバランス良く食べることで、健康維持を目的とした食生活を送ることができると思います。ただし、食べ過ぎには注意で、どの食材も適度に食べることが大切です。

スポンサーリンク