日本人は住宅ローンで借金だらけ!?持家信仰は今も続いている!?

スポンサーリンク

30代、40代は借金だらけ?

ネットで住宅関係の記事を見ていたところある記事を発見しました。

その記事の内容とは、30代、40代の「半数以上」の方については「借金」があり、その借金がある方の多くが「住宅ローン」を抱えていて、日本人の「持家信仰」は今でも続いていると言うものです。

借金の割合と住宅ローンの金額

ちなみに、30代、40代の借金の割合は、30代で「55.7%」40代で「54.9%」と、かなり高い数字となっているそうです。

また、その借金の平均金額は、30代で「902万円」40代で「953万円」となっていて、住宅ローン残高の平均は、30代が「1,736万円」40代が「1,655万円」となっているそうです。

私には考えられないことかな?

世の中、お金があるところにはお金があるんですね。

家を購入しようと思ったら大きな買い物になりますので「借金」とい形になるのが普通だと思いますが、それにしても1,000万とか2,000万とかローンを抱えるとか私には到底考えられないことです。

そこで金利を計算してみると・・・

例えば、2,000万円を金利1.59%で35年借りると、総支払額は2,610万円になります。この先35年間は、元金の2,000万円にプラスして610万円もの金利を払い続けると言うことです。

もし家を買わずに、その金利分の「610万円」を「35年」で運用するとどうなるのか?

仮にこの金利分の「610万円」を年利「8%」で資産運用したとすると、35年後には資産が「8,300万円」まで膨れ上がります。凄い金額ですね。ただし、これはあくまでも8%の複利で運用できればの話しですが・・・

家賃を払うのはバカバカしい!?

そこで、35年後に「資産価値の落ちた家」と「現金8,300万円」のどちらが欲しいですか?もちろん「8,300万」の方ですよね??

こういうデータを見ると「家賃を払うのがバカバカしい」という理由だけで家を買うのはキケンだと言うことがわかると思います。

最後に

家の購入については、資産価値だけでなく個人だったり家族だったりの「住家」となるわけですから、お金だけでは割り切れない「幸せなど」の「付加価値」が付きますので、一概に良いとも悪いとも言えないと思います。

しかし、十分な預貯金などがない状態で、安易に家を購入してしまうのは、将来に向けマイナスの要素が大きいと思います。

上記の「35年後に「資産価値の落ちた家」と「現金8,300万円」のどちらが欲しいですか?」ではないですが、家を購入すると言うことは、その「8,300万」を失っても将来に向けてのメリットがあると判断したときでないと購入してはいけないと言うことになると思います。

スポンサーリンク