好きなことを仕事にすることが大切だといわれても現実は?

スポンサーリンク

好きなことを仕事にすることは大切!?

ある人が「好きなことを仕事にすることは大切だ!」と語られていました。ごもっともなことだと思います。しかし一方で、好きなことを仕事にしろといわれてもね。というのがある。

私が、学生のときに興味があったことは「AI」(人工知能)でした。

今でこそ世間では、そのAI云々を多く語られていますが、私が学生だった20年以上も前の当時では、AIを語る人なんて、その手の勉強をしている人しかいませんでした。

要は、今ではメジャーなAIも、当時は「超マイナーだった。」ということです。

今と昔の違い

そして、そのAI関連で仕事にありつこうと思っても、当時は、どこぞの情報系の専門学校の先生とか大学の講師とか、AIの仕事はそのような仕事しかなく、とにかく狭き門でした。

そんな狭き門を突破できるほどの頭は、私にはありませんでしたので、AIを仕事にするなんて無理!と思い、早々に諦めてしまったのですが・・・

しかし今なら、AIで飯を食おうと思えば、AIのことを教える教師や講師以外にも、普通に企業で研究していることろや、実際にAIを取り入れ仕事にしている企業もありますので、難しいとは思いますが、普通に就職することはできなくはないと思います。

頭ではわかっていてもできないこともある。

結局、好きなことを仕事にできる人なんてのは、当然、当人の努力も必要なんだろうけど、最終的には、運やタイミングの部分が、私は大きいと思っています。

そこにきて、好きなことを仕事にすることが大切だといわれても、好きな仕事に就ける人は、努力だけでは補えない少数派だということ。

また、好きなことを仕事にしていても、それで飯が食えるとは限らないし、好きなことを仕事にすることで、逆に、好きなことが嫌になってしまう人だって実際にいる。そしたら、むしろ逆効果だよね。

そこで、好きなことを仕事にしろ!は、絶対じゃないし、それが正解だとも思わない。もちろん、不正解だとも思わない。

現状を理解するのとが大切?

多くの人が好きでもない仕事をしている現状があるのだから、好きなことを仕事にしろ!といわれても、絶対に無理だとはいわないけど、ほぼ無理だという話し。

そして、好きなことを仕事にしろは、夢があって未来もあって聞こえは良いけど、実際は無理なのだから、そんな希望は下手に持たせない方が良いのかなとも思う。

そこで、好きな仕事云々で思うのは「好きなことを仕事にしろ!」ではなくて「自分にやれる興味のある仕事をしろ!そして、その中から好きな仕事を探せ!」というのが、正解というか、多くの人がありつけそうな答えなのでは?と思っています。

仕事が好き嫌い以前に、現状を理解して、今できることをするのが、それが仕事ななんじゃないのかな?もちろん、好きなことを仕事にできるのは、良いとは思うけど・・・

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク