セミリタイアを実現するにはやはりそれなりのお金が必要なのか!?

スポンサーリンク

c450d01347c958d6008963e9b48d044b_s

セミリタイアにはそれなりのお金が必要!?

セミリタイアをするには、独り身の場合で「3,000万」が必要とも「5,000万」が必要とも言われています。

それは、セミリタイアとは、正規の仕事を辞め、アルバイトや株の配当などの副収入+貯金などで暮らすことで、基本的に蓄えを崩しながら生活することだからです。

蓄えを崩しながら生活するということは、それなりの貯金がなければ生活できないということになります。

セミリタイアの生活費

例えば、月の生活費が15万だとして、副収入が5万だとしたら・・・

月15万(生活費)-月5万(副収入)=月10万×12か月=1年120万

生活費としては、年間で「120万」が必要となる計算です。

もちろん、人によっては月12万で生活できるとか、10万以下でも余裕という人もいると思いますので、そういった人は、さらに低い生活費となります。

また、副収入も人によってバラバラだと思いますので、年間に掛かる生活費については、各自で詳しく計算して下さい。

年金支給後も楽ではない!?

例えば、40歳からセミリタイアをして、65歳(予定)の年金を貰うまでに掛かる費用を上記の年間生活費の120万からザックリと計算すると・・・

120万(年生活費)×25年(年金まで)=「3,000万」が必要ということになります。

さらに、年金をもらう65歳以降も、生活費の15万を年金でもらえなければ、それ以降も副業するなり貯金を取り崩すなりで生活しなければなりません。

そこで、年金がもらえる年齢になったからといっても、安心してはいけないと考えていた方が良いのかもしれません。

最後に

65歳から年金がもらえると思っていても、現状ではいくらの年金が支給になるのか全く不明ですので、安心はできないと思います。

そこで、セミリタイアをするにも、お金的にある程度の余裕を持ってするのがベストだと思います。

ただし、多くの余裕を持ちたいとお金に固守してセミリタイアする年齢を遅らせることになれば、それはそれでセミリタイアの意味がなくなってしまうと思います。

セミリタイアは、お金も大切ですが、セミリタイアをする「タイミング」も大切だと思っていますので、その辺を加味してセミリタイアするのが良いと思っています。

スポンサーリンク