5000万以上の資産を持つ世帯の割合はどのぐらいなのか?

スポンサーリンク

準裕福層以上の割合

日本で、5,000万以上資産を持つ世帯の割合はどのぐらいなのかと思い、ネットで少し調べてみました。

準裕福層以上の割合は多い?少ない?

少し古いデータですので、現在はもう少し増えていると思いますが・・・

その割合は「約8%」と言うことで、約12世帯に1世帯が5,000万以上の資産を持つ計算になります。この数字見て思うのは、結構な割合で準裕福層以上の世帯がいると言うことです。

ちなみに、1億以上の裕福層以上と言われる世帯の割合は、日本では「約2%」となり、約50世帯に1世帯がその裕福層以上になります。

貧乏話しは盛り上がる!?

巷では、貯金がないとか、借金をしているとか、生活が苦しいとか、そういった話しが多く拡散していますが、実はその裏で、結構な資産を持つ世帯が多数いるという事実

結局、貧乏話しをした方が、話題としては盛り上がる。そこで、テレビでもネットで雑誌でもその他のメディアでも、貧乏話しが後を絶たない。

そして、貧乏から這い上がったとか、貧乏でも楽しく暮らしているとか、貧乏でも大家族で仲良くとか、そんなのが世間的には一番盛り上がる話しになると思います。

資産が多くても生活レベルは変わらない!?

しかし、5,000万以上の資産を持つからといって、その世帯の生活レベル(水準)は変わらないと言います。

それは、節約生活をしている世帯は、資産が5,000万以上あろうが1億以上あろうが、贅沢することなく変わらず節約生活を続けると言うことです。

むしろ、節約生活をしたからこそ、多くの資産を持つことができたのかもしれません。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク