10年後20年後には約47%の仕事はなくなる!?

スポンサーリンク

今の仕事の47%はなくなる!?

オックスフォードの准教授が、10年後もしくは20年後ぐらいには、今の仕事の約47%はなくなるとの予想を出しました。約47%というと、今の仕事が約半分になるわけです。

現在、ある仕事を10人でやっていたら、その半分の5人で済むようになる。もしくは、その仕事自体がなくなるなどになるということです。

仕事の供給過剰

仕事の供給過剰の具体例としては「柔道整復師」や「整体師」などの仕事があります。接骨院の数は、この10年間で約1.6倍に増え、コンビニ最大手3社、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートの店舗数よりも多くなっています。

さらに、整体院なども含めると10万店舗(コンビニ大手3社総数の2倍以上)を超えるともいわれ、完全に供給過多となっています。

また、士業(公認会計士、行政書士、社会保険労務士など)全てにおいて、10年前に比べ資格取得者が「増加」となっています。ちなみに公認会計士は、10年前と比べて約2倍となっています。

ただし、士業については、10年前と比べ「仕事の細分化」が進んでおり、資格取得者が増えたからといって、今後の仕事が少なくなるとか見通しが暗いなどとは、一概には言い切れないと思います。

技術革新

最近何かと話題に上がる「AI」(人工知能)ですが、このAIが大きく発展すると、仕事のほとんどは、なくなるといわれています。

例えば、飲食店などでは、厨房及び店員はAI搭載の「ロボット」を使うなどをすることで、人員はいらなくなります。また、WEBデザイナーなども、AIがその会社や人に合わせたサイトやブログを作るようになれば、いらない存在となります。

また、翻訳や通訳なども、最近の翻訳ソフトなどの発展により、将来的にはいらなくなるともいわれています。

消費行動

昔は、そこらじゅに個人で経営している、駄菓子屋、靴屋、本屋、雑貨屋などが近所にありましたが、ここ10年20年で急激に減ったと思います。

それは、最近のネットの普及で、アマゾンや楽天などで、自宅にいながら気軽に安い商品を買うことができ、宅配までしてくれますので、当日食べる食品など、現地で買う理由がない限りは、現地で買う必要はなく、そして、個人店は減少してしまいました。

とにかく、今後の仕事については、インターネットのような改新的な技術が生まれない限りは、増えることはなく、減る傾向にあるそうです。

そこで、将来的に仕事に依存する人が減ることで、セミリタイアやリタイアする人が増え見直され、世間的に大きく認められるたりする可能性もあると思ったりもしています。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク