今の高齢者の多くが幸せよりお金を欲しがっている現実

スポンサーリンク

961ad5985467a25c3514f77e56452a71_s

4人に1人が65歳以上の高齢者

現在、総人口に占める65歳以上の人口の割合が約27%と過去最高になり、もはや4人に1人が高齢者であることが分かりました。

日本人の平均寿命も年々伸びており、現在では、男性は約81歳、女性は約87歳となっています。今後は、ますます高齢化社会になっていくことが予想されています。

その平均寿命からすると自分の場合は、もう人生を半分以上生きてしまったという悲しい現実があります。

しかし、その自分の人生も、あと約半分程度残されていますので、その半分をどれだけ有意義に過ごせるかで、今後の人生が変わって来るとも思っています。

幸せよりお金

そこで、65歳以上の高齢者に「今、あなたが欲しいものは何ですか?」と聞いたところ「お金」と答えた人が「約41%」、「幸せ」と答えた人が「約16%」という結果になったそうです。

幸せよりも多くの人は、お金が欲しいと思っている現実、その現実を知って、仕方がない部分もあると思いましたが「なんだか悲しいな」と思ってしまいました。

当然、お金は大切だし、何をするにもお金は必要なので、気持ちはわかりますが「結局、金かよ!」と思ってしまいました。もちろん自分もお金は欲しいですが・・・

お金より幸せじゃないの?

自分は、お金よりも幸せが欲しいかな?だって、お金がどんなにあっても幸せじゃなきゃ意味がないでしょう?

ただ、今の日本では、お金があればある程度は幸せになれるというか、幸せを買える部分もあると思うので、そう考えるとお金の方が大事!?

それと、お前はそこまでお金に切羽詰まってなからお金よりも幸せの方が大事なんて悠長なことをいってられるんだよ!といわれれば、そうなのかもしれません。

ただ、やっぱりお金よりも必要というか大切なのは「幸せ」だと思うんですよね。これって間違っているのかな?

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク