セミリタイアを考え節約生活をするも疑問を抱かずにはいられない!?

スポンサーリンク

節約生活

私の今の人生の目標は、50歳までにセミリタイア資金の3,000万を貯めて、1日でも早くセミリタイアをすることです。

そこで、そのセミリタイアを1日でも早くするために、せっせと貯金に励むべく節約生活をしています。

節約生活といっても、それほど厳しい節約をしているわけではなく、基本的に不必要な物を極力買わないようにすることで、節約に励んでいます。

電子レンジはいらない!?

しかし、人は生きている限り、買うか買わないかは別にして、必ずといっていいほど不必要な物が欲しくなると思います。

例えば「電子レンジ」は、究極な話しをすると節約生活には必要はない物だと思っています。

それは、スーパーでもコンビニでも今ではほとんど電子レンジが完備され、そこで購入したものは、店の電子レンジで温められるからです。

また、自宅で弁当を食べるなら暖かい弁当を買うか、常温(冷たい)状態でも食べられないわけではないので、弁当を食べるだけなら電子レンジはいりません。

また、冷凍食品なども、常温で解凍すれば食べられる程度には解凍できるので、やはり電子レンジはいらないということになります。

しかし、これはあくまでも究極の話しで、普通に生活するならやはり電子レンジは必要になるかと思います。

節約には選択が大切?

そこで節約生活をするには、どの部分を節約してどの部分を節約しないのかの「選択」が大切になると思います。

節約の選択を間違えて、節約をガチガチにやり過ぎるとお金が使えず何もできなくなり、場合によっては、生活する意味さえなくなってしまうと思います。

逆に、節約するといっても、その節約の設定を緩く(甘く)すると、節約生活は愚か普通に生活しているのとなんら変わらなくなってしまうと思います。

適度な節約

そこで、節約生活をするにも「適度」に節約するのが良いと自分は思っています。

しかし、その適度に節約するのが難しいのであって、その適度がわからず節約することを挫折してしまう人も多いと思います。

そこで、その適度な節約に大切だと思うのは「目標」を決めることだと思っています。

節約の目標を決める

例えば、月5万円の貯金を目標としたら、その目標のためにどれだけの節約が必要なのかと考え、その目標達成のために節約をする。要は、目標達成のために逆算して節約するということです。

また、仮にその目標が厳しいと思ったときは少し緩める。逆にその目標が緩過ぎるなら少しキツ目の設定に変更する。節約には、そのときどきの柔軟性が大切だと思います。

そこで、目標を達成して少しお金が余ったときには、そのお金で少しだけ贅沢をする。逆に、目標が達成できなかったときは、来月はその目標達成のために頑張る。

そのようにすれば、節約もそれほどガチガチにならずかつ緩くもならずで、適度にいい感じになるのではないでしょうか?また、節約にメリハリも付くと思います。

最後に

ちなみに私の場合は、月5万円の貯金を目標にして節約生活を送っています。

しかし、その月5万円が、今の自分には少し厳しいと思うところがあり、少し目標(設定)を緩めたいと思っているのですが、将来のセミリタイアのことを考えるとこれ以上緩めることもできないのが現状です。

そこで、節約を今のまま継続して将来のセミリタイアに備えるか?それとも節約を少し緩めて今の生活に少し余裕を持たせるか?そんなことを悩みながら日々の生活を送っています。

スポンサーリンク