節約を意識し過ぎて貴重な1日を棒に振る

スポンサーリンク

節約を意識し過ぎて貴重な1日を棒に振る

475967ac7e97d08f7aca34dbc4252cda_s

スパに行くかで迷う

昨日は、仕事が休みで時間的に余裕があったので、自宅からほど近いと言っても電車に乗って行かなければならないところなんだけど・・・

その自宅からほど近い「スパ」(健康ランド)に行こうかどうしようかで迷ったのですが、結局、行かずじまいでした。

行かなかった理由は?

なぜスパに行かなかったのか?それは、めんどくさいとか億劫とかじゃなくて、単にスパの入浴料の「約2,000円」を払うのがもったいないと思ったからです。

ずっと自宅に引きこもって家でネット三昧の1日と、2,000円払うけど気分転換してリフレッシュする1日と、そのどっちが良かったのか?充実した日を過ごせたのか?それは考えるまでもなく「後者」で、節約ばかりを気にしているとまともに気分転換もできない日々を送ることになる。

もちろん自宅に引きこもってネット三昧の日があっても良いと思うのですが、それが毎回となるとそれもどうなのかな?と思ってしまって・・・

節約、節約、節約

セミリタイアに向け「節約」も大切だと思うのですが、こうも節約を意識してしまって何もできないとなると少し考え方を改めないといけないと思うわけです。

ですが、そうは思ってもセミリタイアを考えると自分の場合は節約はしなければならないのは事実です。では、どこまで節約して、どこま節約せずにお金を使うのか、それが重要なんだろうけど・・・

その切り分けが自分には難しく、いつも思い悩まされることになっています。

最後に

節約」と一言で言っても本当に難しい。

節約を意識し過ぎると、今回のように2,000円のお金を出し渋り何もできなくなってしまう。かと言って、その2,000円をポンポンと毎週のように出していれば、それは無駄遣いになってしまう。

例えば、月1回だけ数千円までの無駄遣いはOKとか、それ以外だと、半年に1度だけ3万までの旅行はOKとか、何かをするには「期間」みたいなものを付けて区切って使わないと節約するにはダメなんだろうと思うわけです。

スポンサーリンク