セミリタイアのことを考えられるだけでも私は幸せだと思う。

スポンサーリンク

貧困国についてのテレビ番組を見ました。

数日前、眠る前にテレビを見ていたところ、遠い異国の地で、食べる物にもことかく毎日を送っている人々の映像が流れて来ました。

その人々は、ボロボロのトタン屋根の家に住み、寝床にはボロボロの布団が敷かれ、雨が降れば雨漏りがするような、そんな家で毎日を過ごしているという。いわゆる「貧困国」についての番組でした。

そういった放送をたまに見る機会があるのですが、そういった番組を見ても、食べ物を満足に食べられないというのは可哀想だとは思いますが、自分には何もできないし、仕方がないで済ましていました。

可哀想だとは思うけど・・・

そして、今の自分にできることといえば、わずかな募金をすることぐらい?しかし、お金を渡せば、それでことが済むのかとも思う。

それならばいっそのこと、その貧困国に自分が行って、自分に何かできることを探して、支援すればいいのではないか?と思うけど・・・

しかし、今の生活を捨ててまでと思うと、恥ずかしい話しだけど、今の安全安定な生活を捨ててまでとは思えない。私には今の生活は捨てられない。

他人を助けるとかおこがましい。

結局、私は、自分本位でわがままで、自分のことしか考えていない。それをして、他人を助けるとか「おこがましい人間」だということ。

私は、言葉などでは立派なことを語るけど、本心では下衆な考えも多く持ち合わせている。それは、他人に嫉妬してみたり妬んでみたり、場面場面でそんなことをたくさん思っている。

それは、私だけのことではなく、多くの人の本心なのかもしれないけど・・・

そして、毎日3食の食事がきちんと食べられて、屋根付きの雨風を凌げる家に住めることが、いかに贅沢なことで恵まれた環境にあるか、そのテレビ番組を見て再認識させられました。

最後に

ほとんどの人は、家族のために大変な思いをして定年退職まで真っ当に働き続け、その後に晴れてリタイアとなると思います。または、貧困に陥っていて、毎日生活するだけでも大変だという人もいると思います。

そのような中で、セミリタイアのことを考えられる人なんて一部の人だけだと思ので、セミリタイアのことを考えられる私は、凄く恵まれた人生の元に生まれて来たと思う。

そして、今の恵まれた環境や人生などを楽しめなければ、バチが当たると思うので、くよくよせずに前を向いて、将来のセミリタイアを目標にして、これからも頑張って行こうと思っています。

貧困国のテレビ番組を見ていて、そんなことを思ってしまいました。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク