セミリタイアするかで悩む人は一度立ち止まって考えよう!

スポンサーリンク

セミリタイアをして失敗しても元には戻れない?

一度セミリタイアをして、失敗したと思っても、セミリタイアをする前の元の状況に戻ることは非常に難しいと思います。それは、セミリタイア期間が長くなれば長くなるほど難しく、元に戻ることで一番難しいのは「仕事」のことだと思います。

それは、セミリタイアをすれば、無職なりフリーターなり、正社員ではない期間(ブランク)が長くなるからです。

そこで、セミリタイアを止め正社員に復帰しようと面接を受けても、例えば「セミリタイアをしていました。」などといっても、それを理解してくれる担当は少ないと思います。当然、理解してもらえなければ不採用ということになると思います。

セミリタイア期間が長くなればなるだけ不利

セミリタイアをする人は、若ければ30代後半、遅いと50代中盤辺りになると思います。その、30代後半ともなれば、社会人として一番の働き盛りのときだと思います。

その働き盛りを捨ててセミリタイアをするということは、社会人としてまともに収入を得る機会を捨てるということです。そこで、セミリタイアをすることが自分にとって相応の価値がなければ、無駄になる可能性もあるということです。

そして、30代後半よりさらに高い年齢の40代や50代で仕事を辞めたとなると、もう一度正社員として復帰しようと思っても、厳しい状況に追い込まれると思います。

そして、セミリタイア期間が長くなれば長くなるほど、仕事復帰には不利になると思います。

セミリタイアはメリットもありデメリットもある。

セミリタイアには、メリットが多くあると思いますが、上記のようなデメリットも多く存在するということです。そのデメリットの一番が、セミリタイアをすることで、社会人としての地位を捨てることになるということです。

そして、セミリタイアをしたとなれば、収入も少なくなれば、世間体も悪くなる。

それでもなお「セミリタイアがしたい!」とセミリタイアに価値を見出しているなら、大いにセミリタイアをするべきだと思います。

しかしそれが、単に仕事が嫌だからとか働きたくないからとか、それだけのためにセミリタイアをするとなると、セミリタイアをする理由は人それぞれですので、そのことに文句をいうつもりはありませんが、動機付けが少々弱い気がします。

セミリタイアには動機付けが必要?

それは、上記にも書いたようにセミリタイアには多くのデメリットが存在し、セミリタアをして仕事を辞めたとなると、そのデメリットは大きいからです。

私自身も仕事が嫌いでセミリタイアがしたというのもあります。しかし、それと同じぐらいセミリタイアしたらやりたいこともあってのセミリタイアですので、動機付けは出来ているつもりで、セミリタイアをすることに迷いはありません。

しかし、セミリタイアをするかどうかで悩んでいる人は、一度立ち止まってよく考えてからセミリタイアをすべだと思います。それは、セミリタイアにはメリットも多いですが、デメリットも多く存在すると思うからです。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク