セミリタイアしない生き方をする方法はないかと考えてみた。

スポンサーリンク

仕事上の人間関係が大嫌いです!

セミリタイアブログを書いておきながら、将来セミリタイアしたいと書いておきながら「セミリタイアしない生き方」という記事を書くのは、何ともおかしな話しですが・・・

私は、なぜセミリタイアしたいのか?

その理由の一つに、仕事というか会社に縛られる生き方をしたくないというのと、仕事上での煩わしい人間関係などが大嫌いというのがあります。

私は、仕事自体は嫌いではないのですが、そこに煩わしい人間関係など絡むと、途端に仕事が嫌いになってしまいます。

私の今までの人生

私の今までの人生を振り返ると、高校ではバイトか遊んでばかりで、大学も高校と同様で授業中は寝るのがメインで、バイトや遊んでばかりいました。

また、社会人になってからは、嫌なことがあるとすぐに転職を繰り返す転職人生でした。

そんな社会不適合者の私が、いくら社会に上手く適応しようと考えても思っても、今までの経験上無理なわけです。

そこで、私みたいな人間は、仕事で上手くやろうとすればするほど上手く行かず、上手く行かないことで自暴自棄になり、結果として転職を繰り返す。それが私の現実の姿です。

社会不適合者の私

多くの人が嫌な思いをしながら仕事をして、その嫌な思いをして得た給与で、自分の生活を成り立たせていると思います。

しかし、私のような社会不適合者が仕事を続けるには、多くの我慢や苦痛を味わいます。

それは「単なる甘えだよ!」といわれてしまえば、そうなのかもしれません。

しかし、甘えといわれようが何といわれようが、嫌なものは嫌だし、その嫌なことで味わう我慢や苦痛などは「糞食らえ!」と思ってしまうのが、私の性格です。

セミリタイアしない方法

私の場合、人間関係などが嫌でなければ、仕事自体は嫌いではないので、定年まで働き続けても良いわけです。

そして、働き続けても良いなら、結果としてセミリタイアしなくても良いわけです。

しかし、仕事をすれば大なり小なり人間関係が絡んできますので、そこで私がセミリタイアしなくても良い方法は、人間関係が全く絡まない仕事があれば良いわけです。

仮に、人間関係が全く絡まない仕事があれば、定年まで働き続けてセミリタイアしなくても良いと思っています。しかし、そのような仕事は現実にはありません。

そこで、セミリタイアするしかないという結論に達しました。

最後に

私は、お金(資金)に余裕があるわけでないので、セミリタイアしなければしないに越したことはないと思っています。

セミリタイアしたいとブログに書いておきながら、セミリタイアしない生き方を選択したいというのは矛盾していますが、それが私の本音ということです。

しかし、そうもいかない上記に書いた理由がありますので、今はお金を貯めてセミリタイアを目指しているということです。

また、仕事が嫌だから以外にもセミリリタイアしたい理由があり、そんなことで将来的にセミリタイアしたいと思っています。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク