セミリタイアとリタイアの違いをゴッチャにすることなかれ!

スポンサーリンク

セミリタイアは認知されていない?

セミリタイアブログなどを書いたりしている人などは、セミリタイアとリタイアは違うことだとわかると思います。

しかし、セミリタイアのことを知らない人にとっては、セミリタイアもリタイアも差ほど変わらないものだと思い込み、ゴッチャにしている人をたまに見掛けます。

それは、セミリタイアといっても世間一般にまだまだ認知されていないと思っていますので、理解でされなくても当然なのかもしれません。

そこで、セミリタイアとリタイアの違いを以下に少し書いてみたいと思います。

セミリタイアとは?

まず、セミリタイアとは、リタイアとは違い働かない(無職)ではありません。

セミリタイアとは、働く時間を極力減らして、その開いた時間を自分の好きなことに当てたりすることです。その空いた時間を使ってより自分らしい生き方をするということです。

働くことが前提ですので、それがアルバイトだったり株などの投資だったり自営だったりするわけです。いわゆる、社畜から離れて別世界で生きるということです。

要は、リタイアできるほどのお金は持ってないので、多少の収入を得ながら生活をするということです。もしくは、働きたいけど時間の多くを仕事には費やしたくないので、少しだけ働くみたいなことです。

リタイアとは?

一方、リタイアとかアーリーリタイア(早期退職)とは、定年退職前に退職して、その後は働かずに株の配当だったり貯金などを切り崩して生活することです。ちなみに定年退職後に働かないで生活することもリタイアといいます。

要は、セミリタイア=多くは働かず少ないながも働いて収入を得る、リタイア=全く働かない、そういうことです。

このセミリタイアとリタイアをゴッチャにしてる人が結構多いと思います。

最後に

セミリタイアをあまり意識していないというか、セミリタイアという言葉すら知らない人にとっては、セミリタイアもリタイアもどうでもいいことで同じこと?

ただ、言葉としてセミリタイアとリタイアは違うんですよ!ということで、セミリタイアとリタイアの違いをサラっと書いてみました。

セミリタイアというと、世間一般のイメージはそれほど良くないと思っています。

それは、セミリタイアをすると家にいる時間が多くなり、人によっては働いていないダメな人だと見る人もいると思うからです。

そこで、今後は、セミリタイアという言葉が世間一般に浸透して、セミリタイアが認められることで、世間体などを気にしないでセミリタイアができる環境が整うこと願っています。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク