セミリタイアは世間体が悪く理解してもらうことが難しい?

スポンサーリンク

セミリタイアって何?

セミリタイアと言われても、私の周りにセミリタイアのことを知る人はいません。

セミリタイアとは、8時間労働の仕事を辞め、軽いバイトや副業などで生活費を稼ぐ、足りな分については、貯金などを切り崩し生活をすること。また、仕事を軽くした分の開いた時間については、自分のやりたいことに使うこと。

そういう説明をすると何となくですが、セミリタイアのことを理解してもらえます。

そこで、セミリタイアといわれても世間の認知度は、かなり低いと思っています。

首をかしげられるセミリタイア

さらに、セミリタイアをしたいといっても大抵の人は首をかしげるだけです。

それは、セミリタイアと聞いても「単に仕事をしたくないだけ」「楽をしたいだけ」「働けるのに何で働かない?」「別に普通に働けばいいじゃん!」などと思われるからです。

そこで「セミリタイア=ズルい、甘い、世の中舐めている」などと思われがちだと思います。

そういうのもあって、セミリタイアの認知度は低し、世間体も悪いのだと思っています。

セミリタイアと世間体

セミリタイアをすれば時間が空きますので、平日の昼間に外に出る機会も増えると思います。

しかし、私服で平日の昼間に外に出れば、それを見た大抵の人は「無職」だと思います。無職と思われるので、印象も良くないと思います。

また、セミリタイアは、世間一般にいう普通に仕事はしていないわけですから、両親、兄弟、親戚、知り合いなどの周りを考えると、セミリタイアのことを理解していない人からの印象も悪くなると思います。

そして、総じてセミリタイアの世間体は「悪い」ということになると思います。

最後に

人は、周りと比べたがる。周りと同じ様なことをしたがる。そして、周りと違う人を拒絶しようとしたがると思います。そこで世間では、セミリタイアを知らない人が大多数ですので、拒絶されることもあると思います。

人は、認知されないしたくないものは拒絶したがると思いますので、現状では、セミリタイアも認知されていないということだと思います。

そして、セミリタイアがもっと世間に知られることになれば認知度も上がり、セミリタイアをしても、世間体が悪いとか肩身が狭いとかはなくなると思っています。

そこで、1日でも早くセミリタイアが認知される世の中になって欲しいと思っています。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク