50代でセミリタイアは果たしてセミリタイアといえるのか?

スポンサーリンク

ふっと疑問に思ったこと。

私は、50歳で「セミリタイア」をしたいと考えているのですが、ふっと疑問に思ったことがあります。

それは50歳というか、50代でセミリタイアをするのは、果たしてセミリタイアというのか?それとも50代のセミリタイアはセミリタイアといわずに、普通に「リタイア」(アーリーリタイア・早期退職)ということになるのか?ということ。

50歳でセミリタイアをしても、あと10年我慢すれば普通に定年退職というかリタイアということになると思います。

そのリタイアまでの10年間が長いか短いかは人により判断が分かれると思いますが、人によっては、50代でセミリタイアといわれてもね~と思う人もいるかと思います。

58歳でも59歳でもセミリタイア?

それは、例えば20代30代でセミリタイアをしたなら純粋にセミリタイアといえると思います。まあ、40代でも同じようにセミリタイアといえると思います。

しかし、50代はどうなのでしょうか?年齢的に微妙過ぎてセミリタイアなのか?リタイアなのか?判断が分かれるところだと思います。

だって、例えば、58歳とか59歳で「セミリタイアをしました!」といわれても、それをセミリタイアというには微妙な年齢だと思いますから。

そもそもセミリタイアとは何なのか?

そこで、そもそもセミリタイアとは何なのをか考えると・・・

正社員など、通常の仕事「1日8時間、週5日(月~金)などで働く」はせず、短時間のバイトや株などの副業など、何かしらの方法で生活費を稼ぐための仕事をして生活をしている人のこを「セミリタイア」というと思うんです。

一方「リタイア」とは、全く働かずに自分の貯金などを切り崩して生活すること。もしくは年金などで生活費の全てを賄うことだと思うんです。

ということは、58歳でも59歳でも60歳を過ぎて65歳でも、上記でいう通常の仕事以外で働いて生活費を得ている人は、全てセミリタイアということになると思います。

でも、なんだかしっくりとこない。

それは、65歳でセミリタイアといわれてもピンと来なからだと思います。

セミリタイアに付け加えること。

そこで、セミリタイアの定義に付け加えなければいけない文面が「定年退職前に会社(仕事)を辞めて」という一文だと思います。

一般的な会社は60歳で定年退職になりますので、定年退職後(60歳以降)の上記の65歳は、仕事をしていてもセミリタイアではないということになると思います。

これで納得しました。

最後に

ということは、疑問に思っていた50代でセミリタイアはセミリタイアいえるのか?は「いえる」ということで、自己解決しました。

どうでもいい、しょーもない記事を書いてしまいスイマセン

なんとなく50代でセミリタイアをしてもセミリタイアといえるのか?と思い、ふっと疑問に思ってしまい記事として書いてしまいました。

スポンサーリンク