年収300万台以下のサラリーマンがセミリタイアするにはどうすべきなのか?

スポンサーリンク

nendaibetu

平均年収300万時代の到来

今や年収300万台以下の人が4割以上も占める日本のサラリーマン

そのサラリーマンの平均年収としては、現在はかろうじて400万台をキープしていますが、将来的に下がることはほぼ確定していると思います。

そこで、これからは年収300万台の時代が到来するということになると思います。

年収300万でセミリタイアは無理?

セミリタイアをするには、人により異なると思いますが、一般的いわれているのは、資金的に最低でも3000万が必要とも5000万が必要ともいわれています。

しかし、年収300万台で、その3000万を貯めようと思えば相当な苦労が付きまとうと思います。

そこで、年収300万台の人は、セミリタイアなど考えずに定年退職するまでずっと働き続けなければならないのでしょうか?

そうとも限らないと思います。

年収300万でもセミリタイアは可能?

仮に、セミリタイアをしたいと考えている人の年収300万だとすると、手取りにすると年収は250万程度になると思います。

そこから生活費を引くといくら残るのでしょうか?

生活費が10万だとすると年間の生活費は120万となり、手取年収250万から120万を引くと130万が残ります。

その残った130万を20数年貯めればセミリタイアするための資金の3000万が貯められるという計算になります。

これでセミリタイアが完成となります。

生活には予期せぬ出費が付きものつきもの

しかし、生活費が10万だったとしても、使っている家電が壊れれば購入しなければなりません。また、仕事で減給されたり、会社が倒産などの予期せぬことに見舞われる可能性もあると思います。

生活費が10万だからといって、予期せぬ出費がかさむことで計画通りにことが運ばないことも多いと思います。

そこで、セミリタイアをしたいと考える人は、そのようなことがあることも踏まえ資金計画を立てるべきだと思います。

最後に

そこで、年収が低い人がセミリタイアをするには、少しでも早くから計画を立て、その計画を達成するために努力しなければならないと思います。

また、そのセミリタイアの計画を少しでも前倒しするために、投資を行うとか時間の開いたときにバイトをするとか副業的なことも絡めると良いと思います。

私もそうですが、年収の低い人がセミリタイアと考えると少し厳しい部分もあるかと思いますが、年収が低くてもやりようによってセミリタイアはできると思いますので、年収が低くてもセミリタイアを諦める必要はないと思います。

スポンサーリンク