総所得が正社員より数億円も少ない!フリーターのデメリットとは?

スポンサーリンク

フリーターと正社員の総所得の違い

フリーターの総所得は、正社員の総所得より数億円も少ない!?

そんなことは、誰にいわれなくてもわかっていることだと思います。

しかし、所得が少なくてもあえてフリーターを選ぶ人もいます。

逆に、正社員になりたくてもなれずに仕方なくフリーターをしている人もいると思います。

フリーターをしている理由

例えば、新卒のときの就職活動に失敗して、取り合えずでフリーターをやりながら仕事を探している。

40代50代ともなると年齢的に正社員の道は限りなく少なく、そこで仕方なくフリーターをやっている。

手に職がなく資格もなくて正社員になれず、仕方なくフリーターをしている。

住んでいる地域が過疎地で元々正社員の職がなく、バイトならぬフリーターをしている。

正社員という名の責任を負うのが嫌で、身分的に楽なフリーターを続けている。

上記のようにフリーターをしている理由はいろいろとあるかと思います。

フリーターと正社員の総所得

まず、正社員の総所得ですが、大卒で定年の60歳まで働くとすると・・・

平均年収500万×38年=「1.9億円」

一方、フリーターの総所得は、高卒で働くとすると・・・

月15万×12か月×42年(60歳まで)=「7,560万円」

この数字を見ると、フリーターと正社員の総所得は「約1億円以上」の開きとなります。

それ以外のデメリット

フリーターと正社員では、総所得で1億円以上の開きがあることがわかりました。

さらにフリーターのデメリットとしては・・・

・世間的に認められていない。

・社会的信用が低い。

・カードや家を借りる際の審査に通りにくい。

・結婚を考えると相手の親や収入に不安など

フリーターを続けるには、少し上げたでけでもこれだけのデメリットがあります。

最後に

これだけフリーターにはデメリットが多いですので、好きでフリーターをやっている人はいるにはいると思いますが、かなり少ないと思います。

そこで、フリーターをしている人の多くは、できることなら正社員になりたいと思っていると思います。

しかし、正社員になりたくてもそう簡単には正社員になれず現実は厳しいと思います。

ですので、日本は、もう少しフリーターに優しい国になって欲しいものです。

スポンサーリンク