転職を繰り返し気づけば月収14万で生活苦になった男性

スポンサーリンク

転職を重ねると収入は下がる?

ある40代の男性が、転職を6回繰り返したことで、気づけば月の収入が14万になってしまい生活苦になってしまったとの記事を読みました。

そして、転職を重ねると一般的には、収入は下がる傾向にあるといわれています。

それは、厚生労働省の分析では、2011年に転職した人の収入の変化は「増加=28.9%」「変わらない=38.6%」「減少=32.5%」と、減る人の方が多い結果だったからです。

ちなみに、40代で転職を繰り返した上記の男性は、月収が14万となり、口座に給料が振り込まれた翌日には、もう残高が数千円というような月もあるほど生活が困窮しているそうです。

転職する理由とは?

転職するには、人それぞれ転職する理由があると思います。その転職理由の「順位」(ランキング)は以下の通りになります。

1位 ほかにやりたい仕事がある
2位 会社の将来が不安
3位 給与に不満がある
4位 残業が多い/休日が少ない
5位 専門知識・技術を身に付けたい

転職理由については、上記のような順位となっていますが・・・

しかし、転職する理由の多くは、上司や部下と折り合いが悪い、パワハラやイジメなどの「人間関係」が、転職する(辞める)一番の理由というか原因だと思うのですが・・・

転職は良いこと?悪いこと?

そこで私が考えるに、前向きな転職は良いことだと思いますが、後ろ向きな転職は良いとはいえないと思います。

例えば、収入を上げるため、専門的な技術や知識を身に付けるため、より良い職場環境を得るためなど、そういった前向きな転職は良い転職だと思います。

しかし、人間関係が不満、上司や部下と折り合いが悪い、とにかく仕事が嫌など、人間関係などの理由で会社を辞めるのは、良い転職とはいえないと思います。

ただし、仕事をしていると仕事の内容云々以上に、人間関係で一番苦労させられるのも事実だと思います。

最後に

生活するには、仕事をしなければならないとわかっていても、仕事が嫌で逃げ出したくなることが往々にしてあると思います。

そして、その逃げ出したくなる気持ちをグッとこらえられる人もいれば、そうではない実際に逃げ出してしまう人もいると思います。

そして、上記の40代の男性は、仕事が嫌で逃げ出して転職を繰り返した結果、月収14万になってしまい生活苦となってしまいました。

そこで、たとえ逃げ出したしても後悔したとしても、結果的に前向きに生きられれば良いと思います。給与も大切ですが、前向きに生きることも大切だと思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク