世帯月収72万でも生活がギリギリって意味わからんて!

スポンサーリンク

世帯月収72万でも生活がギリギリ

会社員のTさん、40代後半、結婚していて奥さんと子供がいます。

Tさんの収入は、月手取り約41万、奥さんは共働きで、収入は月手取り約22万、その他で家賃収入が約8万、そして、世帯月収は約72万になるという。

世帯月収72万と聞けば、お金にそれほど苦労せず暮らしていけそうに思えますが、生活はギリギリだったそうです。

ただ、現在は、家計を見直して、少しゆとりができたそうです。

当然でしょ?としかいえない。

その支出の内訳は、温泉旅行に毎月7万、食費8.5万 教育費8.9万、貯金6.6万、そして、Tさんのお小遣いは月10万だったそうです。

これでは、世帯月収が72万あっても、生活がギリギリだったというのもわかります。

そして、贅沢するなとはいいませんが、生活がギリギリなのに、毎月7万の温泉旅行に行ったり、子供の教育費に月10万近く掛けたりと、それで生活がギリギリだといわれても「当然でしょ?」としかいえない。

それなりに節約していてお金がないなら話しはわかりますが、贅沢していてお金がないといわれても「だから何?」で終わる話しだと思います。

私の生活費が異常なのか?

ネットを見ると、私よりも何倍も給料をもらっているにも関わらず、生活費がギリギリだとか足りないとか、全く別次元の話しがたくさん出てきます。

それは、現実問題として、普通のことなのか?それとも、単なる贅沢をしてるとの話しが氾濫しているのだけか?その辺の詳しい事情はわかりませんが・・・

しかし、上記の話しではないですが、世帯月収72万で生活がギリギリなんて話しをネットで読むと「本当なのかな?」と、疑わずにはいられないです。

それは、私自身が月10万前後で生活していて、それで、キツキツに節約しているのか?といわれればそうではなく、そこそこ普通に生活できてしまっている現実があるからです。

別に贅沢してもかまわないと思うけど・・・

そして、私以外の多くの人も、月10万とはいいませんが、独身なら月15万とか20万もあれば、生活するには十分とはいいませんが、それほど贅沢しなければ、普通に暮らせると思うのですが・・・

私が月10万で生活できるのだから、他の人も10万で生活できるだろ!とはいいませんが、
世帯月収72万で、生活がギリギリというのは、私が思うにどう見ても贅沢をしてるとしか思えないのですが・・・

そして、贅沢することは一向にかまわないと思うのですが、贅沢してる一方で、お金がないとか生活がギリギリだとか苦しいとか、そういうことをいうのって、違うと思うんですけどね。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク