お金がないと老後はどうなるのか60歳からの過ごし方とは?

スポンサーリンク

老後不安と平均寿命

年を重ねるごとに不安になったり考えてしまうのが「老後」のことだと思います。

そして、2014年の日本人の平均寿命は、女性「86.83歳」男性「80.50歳」となっています。

ということは、60歳で定年を無事に迎えたとしても、それから20年以上も生活して行かなければならないということになります。

その20年のことを考えると、大抵の人は不安になると思います。むしろ、不安にならないという人の方が少ないと思います。

老後の一番の不安はお金の問題!?

なぜ多くの人が老後に不安になるかというと、まず年々弱って行く体のことやそれに伴う病気などのことが不安になると思います。

そして、老後で一番不安になることは「お金」のことになると思います。それは、お金がなければ生活できませんので、そこでお金のことで不安になるということです。

これがもし普通に働いているとなれば、生活できるだけの収入が定期的に入ってきますので、それほどお金で不安になるということは、少ないとないと思いますが・・・

しかし、老後に普通に働くことは難しく、そこで働くことで生活できるだけの安定収入は見込めませんので、お金のことで不安になるということです。

老後の資金問題と老後破綻

老後について、貯金や退職金や年金などが十分にあり、老後を無理なく生活できるという人もいると思います。

しかし、60歳で無事に定年を迎えたとしても、十分に生活ができるだけの貯金や退職金や年金などがあるという人は、それほど多くはくむしろ少ないと思います。

そこで、老後について不安になる一番は、上記に書いた「お金」のことで、お金がなければ老後の生活を考えさらに不安になるという人もいると思います。

そして「老後の年金問題」や「老後破産」などのことが、最近では問題化しています。

老後に必要な資金は!?

60歳以上の「高齢無職単身世帯」の生活費と税・社会保険料の平均は「約15.6万円」になっていて、実収入は「約12.3万円」になっています。

それは「約3.4万円」の不足分があるということで、その不足分を上記の「20年」(80歳(平均寿命)-60歳)で計算すると「3.4万円×12か月×20年=816万円」になります。

そこで、老後の生活を考えると、あくまでも上記からの概算ですが、生活費だけでも最低800万以上のお金を用意する必要がありそうです。

ただし、上記の816万円は、あくまでも「生活費」の部分だけですので、それ以外の出費を含めると、最低でも「1000万以上」のお金が必要になると思います。

60歳を過ぎても働き続けるしかない!?

また、上記に書いた「1000万以上」が必要との話しは、あくまでも老後に年金などで「12.3万円」以上の収入が、確保できる人の話しであって・・・

老後に「12.3万円以上」の収入が確保できないという人は、さらに老後のために多くのお金を用意する必要がありそうです。

そこで、老後の資金が用意できない多くの人は、60歳を過ぎても資金的な問題や年金などの問題を考えると、何かしらの方法で働き続けるしかないということになると思います。

そこで思うのは、一生懸命働いて60歳を迎え定年退職したにも関わらず、その後も安心して暮らせない日本の年金制度とは、一体何なのかと思ってしまうのですが・・・

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク