老後破綻が心配だという人はある3つを実行すれば大丈夫!?

スポンサーリンク

最近話題の老後破綻

最近何かと話題の「老後破綻」ですが、老後破綻をしないためには、巷では、老後ための資金が1,000万必要だとか3,000万必要だとかいわれていますが・・・

しかし、老後の資金については、人それぞれで生活レベルが違いますので、いくらが必要だと断定することはできません。

そこで、老後破綻しないためにはどうしたらいいのか?それには「3つ」のことを実行することで、老後破綻の不安は解消されるといいます。

老後破綻しないための3つ

その老後破綻をしないために実行する3つのこととは・・・

・できるだけ長く働く
・支出を見直す
・保有資産を有効活用する

上記の3つを実行することで、老後破綻の心配はかなり解消されるとのことです。

できるだけ長く働く

通常、60歳になると定年退職を迎え、その後は手持ちの貯金などを切り崩しながら生活することになると思います。

そして、基本的に65歳になると年金が支給されることになり、65歳からは「年金+貯金」で生活するのが普通だと思います。

しかし、60歳で定年して仕事を辞めても、現在の年金支給は、基本的に65歳からですので、貯えがなければ、60歳以降は生活することはできません。

そこで、60歳以降も同じ会社の嘱託として働いたり、別の場所で働くことで、貯金がないもしくは、貯金が少ない人でも収入を得られますので、老後破綻の心配も少なくなると思います。

支出を見直す

現在の支出を見直すことで、老後の支出を抑えられれば、 60歳以降も出て行くお金は当然少なくなりますので、 老後破綻の心配も少なくなると思います。

例えば、今までの生活費が20万だったところを半分の10万にできれば、生活費は半分になりますので、老後の生活費に余裕が生まれるということです。

それは、今まで老後の資金を例えば1,000万必要だと思っていた人は、半分の500万で済むということになります。

保有資産を有効活用する

例えば、家を持っている人なら、その家を賃貸に出すことで賃貸(家賃)収入を得る。もし賃貸が難しいようならば、売却することも検討する。

また、貯金(現金)があるなら、それを株に投資をして利益を得る。FTF(インデックス投信)を買って配当を得る。株の配当を得るなど。

老後に保有している資産や貯金などを有効活用することで、何かしらの収入を得られれば、 老後破綻の不安も解消されると思います。

最後に

多くの人が自分の老後については、いろいろなことを心配していると思います。その心配の多くが「経済的なこと」だと思います。

そこで、その経済的なことの不安を解消するために、上記の3つを実行することで、少しでも解消されれば、老後の生活に不安を抱くことも少なくなると思います。

老後を安心して暮らしたいというのは誰しもが思うこと。そして、安心して暮らそうと思うとなると、経済的なこと(お金)が重要になるということだと思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク