老後貧困の恐怖!貯蓄3000万でも破産の恐れがある!?

スポンサーリンク

961ad5985467a25c3514f77e56452a71_s

老後の年金は月8万の不足

厚生労働省のデータによると、平均年金受給額は65歳以上の高齢者世帯で約19万円です。

総務省の家計調査による無職の老後夫婦の最低生活費は約27万円ですので、平均年金受給額との差額は月8万円の不足になります。

また、もう少し余裕を持たせようと思うと月10万程度が不足となります。

老後資金3000万では足りない?

そこで、65歳から20年生きるとすると「月10万×12か月×20年=約2400万」となります。

このことを考えると老後資金として「3000万」あったとしても余裕とはいえません。

また、これが20年ではなく、25年もしくは30年以上生きるとしたら、確実に3000万では足りなくなります。

老後貧困にならないために

では、老後貧困にならないためにはどうすればいいのか?

それは、無駄使いをせずに節約をするしかありません。

老後資金が少なければ少ないだけ節約するしかありません。もしくは、65歳以降も働き続けなければなりません。

でないと、老後貧困、老後破綻、下流老人といわれるものになりかねないと思います。

結局、働くしかない?

しかし、60歳で定年を迎えた人の貯蓄額の中央値は「1400万」となっていて、多くの人は3000万もの貯蓄はありません。

そこで、60歳を過ぎても働くか、もしくは少ない貯金を切り崩して生活するかの選択しかなくなります。

そのような中で、多くの人は「働く」という選択をしているのが現状です。

最後に

一生懸命60歳まで働いて定年退職まで勤め上げても、お金が無くて定年退職後も働き続けなければならない現実

そう考えると老後は安泰とはいかず、悲しい老後が待っていると思わざる負えない?

そのような悲しい老後にならないように、今からでも遅くはないと思いますので、少しずつでも老後のために貯蓄の励む必要があると思います。

スポンサーリンク