「老後破産」年金だけでは生活できない現実

スポンサーリンク

「老後破産」年金だけでは生活できない現実

年金支給は月10万以下が当たり前?

単身者で年金をもらっている人の大半(約46%)が、年間120万以下(月10万以下)の年金払いで暮らしている現実(内、約25%は生活保護受給者)

その年金支給で足りない分は?自分の貯金などを取り崩して生活をしています。

これで気になるのは、年金の支給額が少ない人が多いこともさることながら生活保護者が多いのが目に付きます。

真面目な人ほど損をする?

将来的には?年金の支給額は下げられ生活保護者が増えると予想されています。

結局、現在、年金をコツコツと真面目に払い続けている人たち及び若い人たちにシワ寄せが来るのは明白で、これでは「年金なんて払いたくねえよ!」と思わず叫びたくなる気持ちにもなります。

セミリタイア後の不安

こうなると老後の心配をせずにはいられない?気にしないようにしてもどうしてもセミリタイア後の生活が不安になってしまいます。

結局、老後を考えコツコツと貯蓄に励むしか「老後破産」を回避する方法はないのか?自分でもどうすべきが一番良いのかはわかりません。

お金が潤沢?豊富?にあれば、年金のことで悩むこともないんだろうけど・・・

最後に(動画)

(動画の状態がかなり悪いのでご了承下さい。また定期的に広告が流れます。)

スポンサーリンク