老後資金の作り方の王道は貯金!?それとも投資!?

スポンサーリンク

老後資金は貯金か?投資か?

現在、老後の資金と思いコツコツと毎月決まった額を積み立てている人もいると思います。

そのコツコツと積み立てているものは、普通貯金だったり定期預金だったり社内貯金だったり投資信託だったり・・・

その老後資金については、人によって様々な積み立て方をしていると思います。

そこで、その積み立てで最もふさわしいのは「投資」なんだそうです。

それは、長期投資については、分散投資とドルコスト平均法を利用することで、リスクを軽減して投資ができ比較的安全だからだそうです。

投資は怖い?

投資と聞くと若い人は、それほど怖いとの印象はないと思いますが、世代が上がれば上がるほど怖いと思うのが投資です。

例えば、年間100万の積立をします、積み立て貯金なら元本が保証さてれいますので、その100万が元本割れすることはありません。

しかし、投資信託でもETFでも積み立ての投資をすれば、当然、元本保証はありません。当然、100万以上に増える可能性もありますが、100万以下になる可能性もあります。

その100万以下になるリスクを取って「怖い」といっているということです。

貯金は安全ではない?

しかし、投資のリスクを取らず、安全だからと貯金が確実か?といわれれば、そうではないと思います。

それは、貯金が元本保証といっても、銀行が倒産したら?銀行が閉鎖してしまたら?銀行が勝手に貯金を使い込んでいたら?そしたらどうなるのでしょうか??

そんなことになることはないと思うし、そうなれば国が保証してくれるとは思いますが、それも確実ではないと思います。

だから「貯金=安全」とかはいかないと思います。

最後に

何をするにもリスクは付きものだと思います。

投資もそうですが、例えば、道を歩いていても転んだり事故に合うリスクもあります。また、セミリタイアをするのも、良い面もあれば悪い面もあり、リスクは伴うと思います。

だから、リスクを恐れず投資をしろ!とはいいませんが、怖いといって何もしなければ、何も始まらない事実もあるということです。

老後資金を貯金にするか?投資にするか?難しい問題だと思いますが、結局、リスクを取れるなら投資、リスクを取りたくないなら貯金ということになると思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク