老後の貧困不安を解消する1つの方法とは?

スポンサーリンク

老後の貧困不安を解消する1つの方法とは?

老後の貧困不安を解消する1つの方法とは、それは「ムダ」を極力省くことだそうです。

もっと突き詰めて話すと、とにかく「節約」して生活しろということ。

老後のためにと、3000万貯めても、5000万貯めても、1億貯めても、お金があると思い相応に使っていては、いくらお金があっても足りない。

そして、いくら老後のためにとお金を貯めていても、老後の貧困不安は解消されないという。

日々の生活費の違いが膨大な差になる。

例えば、老後に、月10万で生活するなら、年間では120万で生活できます。これが、月20万なら年間240万、月30万なら年間360万、その金額が老後の生活費として必要だということになります。

そして、年間120万で生活できる人は、老後が20年あるとすると2400万が必要です。一方、年間360万で生活する人は、7200万が必要だということになります。

その老後の資金としての差額は、約5000万もの差が付くということです。

これは、日々の生活費の違いが長年経つと、思っている以上に膨大な差が生まれるということです。

日々の節約が大切!

そして、老後の資金として2400万となれば、貯められない金額ではないと思いますが、それが7200万となると、途方もない金額に思えて、多くの人は貯められない金額ということになると思います。

そこで、ムダを省いて節約して生活することで、その生活費が少なくなれば、少なくなった分だけ7200万の生活費を圧縮できるということです。

例えば、毎日のように外食する。老後が怖いからと高額の保険に入る。ことあるごとに高額な旅行に行く。オシャレが好きだからと、欲しい服を無造作に買う。

そんなことをしていては、いくらお金があっても足らないということになり、そして、老後の貧困不安を心配してしまうということになると思います。

今できることをする!

ですので、老後の貧困が不安だという人は、今からでもムダを省いた節約生活をするのは、遅くないと思います。

そして、ムダを省いた節約生活をすることで、お金が掛からない生活になれば、それだけ老後に必要なお金も少なくなりますので、自然と老後の貧困不安も解消されると思います。

確かに、ムダを省いて節約生活をしたとしても、消費税などの大幅な増税や年金破綻などになってしまったら?との将来的な不安は数多くあると思います。

しかし、将来的にわからないことを今心配するより、まずは今できることを実践して、将来に備える方が賢明だと思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク