貯金がない人の老後はどうなるのか?それは働き続けることになる!?

スポンサーリンク

貯金がないと働き続けることになる!?

日本人の平均寿命は、女性「86.83歳」、男性「80.50歳」となっています。

ということは、60歳で定年を迎えたとしても、男性なら20年以上、女性なら25年以上は、定年後も生活をしていくこということになります。

そこで、貯金や退職金などが十分にある方は、老後になんの不安もないと思いますが、貯金のない人はどうなるのか?

それは、定年退職後も生活するために何かしらの形で働き続けなければなりません。

老後は最低でも800万以上が必要!?

独身の場合、老後(定年退職後)の平均支出額は「15.6万円」となっています。

一方で、平均収入としては「12.3万円」となっており、上記の15.6万円との差額は、約「3.4万円」となります。

そこで老後に20年生きるとすると・・・

12ヵ月×20年×3.4万円=「816万円」が必要ということになります。

そのお金がない人は、老後もずっと働き続けなければならないということになります。

そこで、貯金が少なくても年金で対応できればよいと思うですが、将来的にもらえる年金額は不確定だと思いますので、やはりある程度の貯金は必要なのかなと思います。

節約で少ない貯蓄を補う

しかし、老後に働き続けるといっても、年齢を重ねれば重ねるほど、働くには厳しい状況になっていくと思いますので、ずっと働くといっても限度があると思います。

そこで老後を考え、老後前の働いているときに老後のことを考え、少しでも多くの貯金をすることが大切だと思います。

しかし、老後前に貯金ができなかったという人は、老後も働き続けることで、その貯金を少しでも増やすしかないと思います。

節約で老後を乗り切る!

また、老後の貯金が不十分だという人は、少しでも多くを節約することで、その少ない貯金を補えると思います。

家賃の安いところに引っ越す、食費を削る、水道光熱費を抑えるなどの節約をすることで、その少ない貯金を補えると思います。

老後から生活レベルを落とすのは大変なことだと思いますが、貯金が少ない人が、老後の生活を続けるには、節約は仕方がないことだと思います。

最後に

誰でも定年退職後の老後に、ある程度の貯金が必要なのはわかっていることだと思います。しかし、いろいろな事情が重なり貯金できなかったという人も中にはいると思います。

その場合、老後も働き続けることで少ない貯金を補えると思いますが、亡くなるまで働き続けることは難しく、少ない貯金を補うにも限度があると思います。

そこで、そのことを事前に認識することで、老後に働いたお金を貯金するなり節約するなどをすることで、少ない貯金でも老後に備えることができると思います。

今から老後のことを心配しなくてなならないのは少し嫌な気もしますが、老後の安定のためには、今から老後のことを考えて生活するのは仕方ないことだと思います。

スポンサーリンク