老後の生活に1億掛かるのフレーズは本当のことなのか?

スポンサーリンク

老後の生活に1億かかる!?

マネー誌などで、老後の生活について特集などが組まれる場合、老後の生活(生活費)に1億かかるというのが、多く出るフレーズの一つになると思います。

そして、その1億という数字を聞いて、にわかには信じられないという人が、大多数というか多くを占めると思います。

しかし、中には「1億必要だ!」「その通りだ!」という人もいると思います。

なぜそのような話しになるのか、それは人それぞれ生活レベルが違いますので、1億必要という人もいれば、1億もいらないという人もいるからです。

そもそも1億の根拠は?

そもそも老後の生活に1億かかるという根拠は、一体どこから来ているのかという話しになると思います。

それは「生活保障に関する調査」という調査を3年ごとに行なっているそうで、その調査によれば、ゆとりのある老後の生活の月平均は「35.4万」になっているそうです。

そこで、仮にその35.4万で老後の25年間(60歳~85歳)生活すると、あくまでも概算ですが1億になります。

それが、老後の生活に1億かかる根拠とのことです。

35.4万も使う人を私は知らない。

しかし、リタイア生活をしている私の周りを見ると、月々の生活で35.4万も使っているという人を私は知りません。

私が知る限りでは、35.4万の半分程度の15万~20万前後で生活しているという人が多く、それでもお金が余るという人も中にはいます。

それは私の知る人が、裕福な生活をしている人がいないというのもありますが、ただそうだとしても、35.4万も使うという人を私は知りません。

さらに、年金支給の月平均は、現在「約22万程度」(サラリーマン夫婦2人)になっており、月々の生活で35.4万が必要との調査に、疑問を抱かずにはいられません。

理想と現実

そこで思うのは、35.4万という数字は、あくまでも「ゆとりのある老後」を送る数字であって、理想と現実にギャップがあるのだと思います。

ということは「老後の生活に1億かかる」は、理想をいえば老後の生活のために1億欲しいけど、実際には無理だよね。という数字になると思います。

もちろん、実際に1億もしくは、生活するのにそれ以上必要な人もいると思います。しかし多くの人は、1億まではいらないという人がほとんどだと思います。

結局、1億という数字はキリが良いことで、老後の生活に1億かかるとの特集などが多く組まれるのだと思います。

最後に

老後の生活に1億というのは理想であって、少し現実離れしていると思いますので、単に不安を煽る数字になると思います。

そこで、老後の生活で特集などを組むなら、もう少し現実に近いリアルな数字を特集して欲しいと個人的に思います。

そして、仮に老後の生活に1億が必要だとしたら、多くの人は1億も用意するのは無理だと思いますので、その多くの人が老後に破綻すると思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク