ロボットや人工知能の進化でセミリタイア後は仕事がなくなる!?

スポンサーリンク

ロボットや人工知能の進化で仕事を奪われる?

今や、ロボットや人工知能(AI)の進化はめざましく、人間の生活をより便利に豊かにしてくれることが期待されています。

しかし、ロボットや人工知能が進化して仕事を代替することで、ロボットや人工知能に取って代わられる労働者が多くなるといいます。

その証拠に、工場などの単純作業などでは、徐々にロボットや人工知能が導入されはじめていて、人間の仕事が奪われてはじめているそうです。

そして、2025年までに仕事全体の「52%」が、ロボットや人工知能の進化によって、取って代わるといわれているそうです。(予想)

ロボットや人工知能が進化しても大丈夫!?

それでも、全ての仕事をロボットや人工知能に奪われる事態にまではならない。との意見が大半だとのことです。

そこで、52%もの仕事が、ロボットや人工知能に奪われても、本当に大丈夫なのと思ってしまうのですが・・・

その大丈夫だといわれる理由の1つに、ロボットや人工知能が進化することで・・・

また、新たな産業や雇用などが生まれることで、ロボットや人工知能に仕事を奪われたとしても、大丈夫だとの意見が大半なんだそうです。

ロボットは全てにおいて万能ではない!?

例えば、接客する程度(内容)にもよりますが、接客業は、相手の雰囲気などを読み取る必要があるため、人間が接客した方が良いといわれています。

また、芸術的なことは、ロボットは苦手とされ・・・

例えば、ダンスを踊ることはロボットにもできますが、その前のダンスの振り付けを考えたりショー的なものを考えたりするのは、人間の方が優れているそうです。

それは、どんなにロボットや人工知能が高度に進化しようとも、ロボットや人工知能が全てを取って代わることはできないという意見に繋がります。

所得格差が広がり社会秩序が乱れる?

一方で、ロボットや人口知能の進化で、大多数の雇用が失われる事態となれば、所得格差が今以上に広がるとの指摘があり・・・

一部の高度な仕事に就く人を除くと、現在ある大多数の中産階級は、すべて低所得層へ転落する可能性があるとのことです。

それは例えば、車の運転が自動化になれば運転手はいらないわけで、運転関係の仕事は自動化の波にのまれほぼなくなってしまいます。

その結果として、世の中に失業者が大量に増えることになり、そのことで所得格差が広がり、社会秩序が大きく乱れることに可能性があるとのことです。

最後に

そこでこれからは、ロボットや人工知能に関する教育が今以上に必要だといわれています。

そして、今後は教育された人たちで、ロボットや人工知能を使い更なる産業を生むようにしなければ、今後の産業界は衰退して行く一方になるともいわれています。

とにかく、ロボットや人工知能の時代の到来を見据えた教育が、今以上に必要になるということです。

そこで、私がセミリアイアした後には、ロボットや人工知能の進化で仕事がない!なんてことになる可能性もあるかもしれないと、少しだけ思ったりしています。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク