セミリタイアやリタイアで失敗が多い離島移住の現実とは?

スポンサーリンク

離島移住は厳しい?

近年、移住ブームなどといわれ、移住女子などの言葉も出来て、移住に関するテレビやネットの記事を目にすることも多くなったと思います。

しかしその一方で、移住先では、多くの人が移住してきては、多くの人が、その移住先から帰るのを目にするそうです。

特に、離島などでは、都会より物価は高く、物は少なく、コンビニやファーストフードも当然のようにありません。ガソリンは高く、医療設備なども整っていません。

また、離島の地元民いわく、離島ですので、コミュニティが狭く、離島での生活は、ご近所付き合いなどの「人付き合い」がカギを握るため、その人付き合いの濃さから嫌になり、移住しても3年も経てば、居なくなる人がほとんどだということです。

離島は仕事がない!?

その島ならではの風習や文化に積極的に進んで入って行こうとする努力、それができない人は、離島での移住生活は厳しいとのことです。

また、仕事についても、離島だとほぼ仕事はなく、あるのは漁師などの漁業関係の仕事がほぼ全てだそうです。その漁業関係でも、移住民が仕事にありつければラッキーだといいます。

セミリタイアなどの場合、基本的に働くことが前提だと思いますので、働きたいと思っても離島移住の場合、厳しいということになると思います。

風習や風土が合わない!?

当然ですが、離島移住は、憧れだけではやって行けないと思います。それは、多くの人が憧れて離島に移住するも、失敗したと帰る人が後を絶たないからです。

その帰ってしまう理由としては、その土地の風習や風土が自分には合わない、必要以上に濃い人付き合いが嫌、離島で知り合いのいない寂しさ、もしくは、事前にわかっていたにも関わらず、不便なことが嫌で帰ってしまうなどの人もいるそうです。

また、離島移住をしても、人付き合いをせず、会合やイベントなどにも参加せずで、それでも構わないと思いますが、それでは、離島の人たちと上手く付き合うことはできず、わざわざ離島移住した意味がないということになると思います。

最後に

ネットで知らべた限りでは、離島移住をして成功したというよりも、むしろ失敗して帰ったという人の方が、圧倒的に多い感じがします。

それは、実際に離島などに住んでいる地元民の多くが、離島移住をした人の多くが帰る現実を見たとブログなどで語っているからです。

そこで、離島移住で失敗しないようにするには、どのようにしたたら良いのか?

それは、離島移住する前に、移住先の離島にとにかくたくさん行って、そして、良いこもと悪いことも含め数多くの情報を仕入れることだそうです。そして、その多くの情報から離島移住をするしないの判断をすることだそうです。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク