セミリタイア資金で大切なのはリスクの取り入れと捨てる勇気!?

スポンサーリンク

実際にやってみないことにはわからない?

セミリタイアをして成功した!良かった!という人もいれば、その逆に、セミリタイアして失敗した!後悔してる!という人もいると思います。

結局、セミリタイアでも何でもそうだと思うのですが、実際にやってみないことには、成功するか?失敗するか?それは、わからないことだと思っています。

そこで、私のような極度な心配性の人間は、セミリタイアを失敗したくないと、これでもかと予防線を張ることになります。

セミリタイアと予防線

その予防線とは、セミリタイアを失敗しないためには、どのようにしたら良いのか?と考えること。そして、その考えたことを考慮して、失敗しない策をこれでもかと講じようとすることです。

例えば、セミリタイアの資金的なことでいえば、病気になったときのためにのために、生活費以外に、500万多くセミリタイア資金を貯めよう。

また、年金が減らされたときのことを考えて1,000万追加しよう。自宅の修繕費が掛かるかもしれないので500万追加しておこう。何かのときのために、余裕資金として500万追加しよう。など。

セミリタイアの難しいところ。

そんな予防線をあれこれと張り過ぎると、最悪、亡くなるまで一生懸命働き続けてもセミリタイア資金を貯められないという状況にもなりかねないと思います。

そして、セミリタイアはしたいけど、資金が足りなくてセミリタイアが出来ない状況に追い込まれるという矛盾が生まれると思います。

ここがセミリタイアをする上で「資金をどうするのか?」という、資金問題の難しいことだと私は思っています。

要は、どこまでを将来のリスクとしてセミリタイアの資金に取り入れるか、そして、どの部分をセミリタイア資金としていらないと判断し、切り捨てるかということです。

最後に

予防線を多く張ればセミリタイアを失敗するリスクは、それだけ少なくなると思います。しかし、予防線を多く張れば張るだけ資金的な問題で、セミリタイアをする道のりは、遠のくことになると思います。

ちなみに私の場合は、試算したよりも年金支給が少なくなったとしても一生暮らせる額を考慮して、セミリタイア資金に3,000万という金額を算出しました。そこに、病気や介護などの資金は多く考慮せず切り捨てました。

これが正解なのか?不正解なのか?実際にセミリタイアしてみないことにはわからないと思っています。

ただし、何年間も散々悩んでこの金額を出しましたので、これでセミリタイアが成功しても失敗しても、資金的なことで後悔することはないと思っています。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク