少ない資金でのセミリタイアは収入源を多く確保することが大切

スポンサーリンク

問題なのは少ない資金でのセミリタイア

セミリタイアして、資金が多くあるという人は、生活するには特に問題ないと思います。

問題になるのは、少ない資金でセミリタイアした。もしセミリタイアしたいと考えている人だと思います。

例えば、セミリタイア資金が「3000万」あるとします。

セミリタイアして、月の生活費だけで15万、その他で年200万が掛かるとすると、3000万だと単純計算で「15年」生活できる計算になります。

そしてセミリタイアですので、そこにアルバイトなり副業なり何かしらの収入源があれば、その15年はさらに延びることになります。

人生にはいろいろある。

しかし人生には思いがけない、突発的な出来事が起こるときもあると思います。

例えば、車で事故を起こしてしまい、多くのお金が掛かってしまった。人に大金を貸して戻って来なかった。大病気になった。親の介護が必要になったなど。

そこで、多くのお金を失うことになり、当初予定していたセミリタイア資金では、足りないという場合もあると思います。

そんなときに、特にセミリタイア資金が少ない人で大切になるのは、収入源をより多く確保している。ということだと思います。

大切なのは多くの収入源を確保すること

例えば、上記の生活費の月15万の内訳を、バイト10万、貯金の取り崩し5万とするのと・・・

バイト5万、株の配当金3万、アフィリエイト2万、貯金の取り崩し5万、そのどちらの15万が良いのかというと・・・

それは「後者」で、その理由としては、どうしてもお金が足りないとなれば、バイトを増やすなどの手段があるからです。

しかし、前者だとバイトを増やそうにも、バイトで月10万以上を稼ぐとなると、普通に働くのと時間的に何ら変わらなくなってしまいます。

それでは、せっかく苦労してセミリタイアしたのに、セミリタイアした意味がなくなってしまうと思います。

最後に

セミリタイアしたいと考えていても、資金的に少ないとセミリタイアするしないで、考えてしまう人もいると思います。

ちなみに、私もそう考えていたうちの一人で、少ない資金でセミリタイアするには、どうすれば良いのかと考えたときに・・・

収入源を多く確保することで、セミリタイアすることは可能だと考え、今に至っています。

また、セミリタイアするしない云々の前に、普通に生活していても、収入源は多い方が良いいとわかると思います。

それは、例えばリストラされた、会社が倒産したなどになれば、すぐに再就職とはいきませんので、働く以外の収入源があれば、少しでも金銭的に助かるからです。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク