風が吹けば桶屋が儲かるとは?

スポンサーリンク

昨日の急な豪雨でずぶ濡れになって家に帰って来てふっと思ったのは、こんな豪雨のときでも儲かる商売ってあるんだよんな~~~と思って・・・

風が吹けば桶屋が儲かるとは?

ff90af61730e2a8180858deab520914e_s

急な雨では傘が売れる?

例えば、駅の中とか駅前とか近くのコンビニで売っている「」(かさ)は、こんな急な豪雨のときは飛ぶように売れるんだろうな?と思って考えていました。実際にそこそこ売れてるんだろうなと思います。

風が吹けば桶屋が儲かるの意味

雨とは違いますが、似たような言葉で「風が吹けば桶屋が儲かる」という言葉がありますが、風が吹けば桶屋が儲かるとは一体どういうことなのか?

あることが原因となって、その影響が巡りに巡って意外なところに及ぶことのたとえ

風が吹けば桶屋が儲かるの詳細

もっと詳しい内容を書くと

風が吹けば砂埃(すなぼこり)のために目を病む人が多くなり、目を病んだせいで失明すれば音曲で生計を立てようとするから三味線を習う人が増え、三味線の胴に張る猫の皮の需要が増える。そのため、猫の数が減少し、猫が減れば猫が捕まえる鼠(ねずみ)の数が増える。鼠は桶をかじるから桶がよく売れるようになり、桶屋が儲かることから。桶屋が儲かる。と言うこと。

セミリタイアとの関係

このことがセミリタイアと何の関係があるのか?と言われると、何かセミリタイアの副業的なもののヒントになるのでは?と思って少し調べた次第でして・・・

それで、これが何か副業のヒントになったか?と言われると「」なんだけど・・・

最後に

ただ、いろいろな事柄を通してセミリタイについて考えるのは今後のセミリタイアのことを考えると良いことであって、今後もこのような形でセミリタイアのいろいろなことをいろいろな角度から考えられればと思っています。

スポンサーリンク