貧乏な人がついつい言ってしまう言葉「お金さえあれば」とは?

スポンサーリンク

d42b87363b4165acd0534fcedb12a862_s

貧乏はなるべくしてなった?

貧乏な人は、貧乏になるべくしてなった人が多いと言われています。

それは、貧乏な人は、お金に対してとにかくいい訳をする人が多く、ことあるごとに「お金さえあれば」を連呼する人が多いからだと言われています。

お金さえあれば〇〇できたのに・・・

「お金さえあれば、もっといい大学に行けたのに」
「お金さえあれば、芸能人になれたのに」
「お金さえあれば、起業だってできたのに」
「お金さえあれば、結婚だってできたのに」
「お金さえあれば、もっと自由な生活ができたのに」

お金さえあれば、お金さえあれば、お金さえあれば・・・

しかし、お金さえあれば何でもできる幸せになれると思うのは大間違い?

結局、お金を稼ぐ努力が必要?

人によっては、お金があれば大体の不幸は回避できると言う人もいます。また、かのホリエモンも「金が全て」と言っているように、それだけお金は人生において重要な位置を占めると言うことになると思います。

結局「お金さえあれば」では、貧乏になるだけなので、お金さえあればと思うのはなく、お金がないならないなりに、お金を稼ぐ努力や方法を見つけることが大切だと言うことだと思います。ただし、お金を稼ぐのは、言葉で言うほど簡単なことではないと思います。

なんだかんだ言ってもお金は必要?

1、生活するにはお金が必要
2、お金が必要だから働く
3、働けば人間関係などで悩むことになる
4、悩んでも答えは出ずで1に戻る

「お金のことで悩み振り回される人生は嫌だ!」と考えるのは、自分も含めて皆が思うことだと思います。しかし、そうは思ってもお金を稼がないと生活ができませんので、結局のところお金に悩み振り回されることになる?

最後に

私の場合、そんな「お金に悩み振り回される人生は嫌だ!」との思いから「セミリタイア」をしたいと考え、今はそのセミリタイアに向け頑張っているのですが、現状では思ったほど資産は増えずで厳しい状況となっています。

そんな自分がセミリタイアをできるのはいつになるのか?まだまだ先になりそうですが、そのことを考えると悩むだけですので、あまり深く考えずに前向きに頑張りたいと思っています。

スポンサーリンク