お金が無いと不安になってしまうのは世の中が悪いから!?

スポンサーリンク

お金が無いと不安になるのは世の中が悪い!?

お金が無いことで不安になる人も多いと思います。私もそのうちの1人です。だから、お金を使う人より、少ない収入でも貯金に励む人が多いのだと思います。

そこで、お金が無いことで不安になるのは、そのような世の中になってしまったのが悪い!という人も中にはいます。

それは、何をするにもお金が必要で、そのお金の多い少ないで、その人の価値が付けられてしまう世の中は悪いことだと唱えています。

お金のあるなしで食べ物が違う。

例えば、食べ物でいえば、大昔は、畑を耕したり、狩をしたり、釣りをしたりで、取れた物だけを食べ暮らしていました。そこにお金は必要ありませんでした。

しかし現在は、あれが食べたいこれが食べたいと選択技が増えたことにより、お金を使うことで、その食べたい物が食べられるようになりました。

要は、お金がなければ食べたい物が食べられないということで、お金のありなしで食べ物を判断しなければならなくなったということです。お金ありきの食べ物だということです。

昔なら、食べ物にお金は必要ないので、お金が無くても不安にはならなかった。しかし、現在は、お金がないと食べることに不安を感じるということです。食べ物のことを無駄?に考える必要があるということです。

お金は命より重い?

お金が全てではありませんが、お金で判断される世の中

どこぞのマンガでは、お金は命より重いといわれるように、例えば、病気になって優秀な医者に診てもらえれば助かる命が、お金がないことで優秀な医者に診てもらえず亡くなってしまうという人もいると思います。

命に関わる医者に関してもお金のあるなしで、命が助かる助からないになる場合もあるということです。これが「医療格差」というヤツです。

そう考えるとお金は大切で、お金が無いと不安になるのは、ある意味と当然というか当たり前のことなのかもしれません。

お金=その人の価値!?

お金の多い少ないで、その人の価値が付けられてしまう。

例えば、巷では、年収300万の人より500万の人の方が優秀で、さらに年収1,000万の人はもっと優秀だとされます。また、1,000万の貯金を持っている人より、1億の貯金がある人の方が、凄い!と世間では認められる。

そういう世の中だからこそ、お金がないと不安になる。そして、そういう世の中が果たして良いのか?と考える。

そこで、良いわけがないとわかりますが、そうは思ってみても、やはりお金は必要だし大切だと思ってしまう矛盾

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク