40代50代が抱えるお金が貯まらない三重苦とは?

スポンサーリンク

b88078291c9e6eb6b3e3c28a17638757_s

老後が見える時期

40代50代ともなると、もうそろそろ老後が見えてくる年齢だと思います。

そこで、その老後に向けて「蓄え」(貯蓄)を作る時期になると思います。

しかし、40代50代ともなると、給料が増えてくる時期であると同時に、それなりに出費もかさむ時期になると思います。

そこで、老後に向けてお金を貯めようと思っても、なかなか貯めることができずに困っているという人もいるそうです。

そのなかなかお金が貯められない40代50代の三重苦とは何か?

お金が貯められない三重苦とは?

その三重苦とは・・・

1、多額の住宅ローン
2、高騰する教育費
3、消費がかさむ

この三重苦によって、貯金ができないと悩んでいるそうです。

三重苦の詳細

多額の住宅ローンとは、結婚をしてマイホームなど持っている人もいると思います。

そこで、そのマイホームのローンや維持費、また固定資産税などの負担が大きいく、お金が余らず貯金ができないということです。

高騰する教育費とは、年齢的に子供が小学校を卒業して、中学や高校などに行く時期だと思います。

そこで、公立ならまだしも、私立に行くとなるとそれなりに負担も大きく、そのため貯金ができないということです。

消費がかさむとは、例えば、最近のスマートフォンや光(ネット)の普及、有料チャンネルなどの通信費の拡大で、何かと出費がかさんでしまうということです。

通信費はあくまも一例で、その他にも消費がかさむことは多々あると思います。

最後に

貯金ができずに悩んでいるという人は、解決方法としては、収入を増やすか出費を抑えるかの2つの方法しかありません。

そこで、収入を増やすのが一番良い方法だと思いますが、収入を増やすというのはそう簡単にできることではないと思います。

そこで、まずは出費を抑えるといことが大切で、今の出費を一度見直すことによって、無駄な出費をカットすることが先決だと思います。

また、無駄な出費をカットするだけではなく、節約をするなどもして、上手く出費を抑えることができれば、貯金ができる額も増えるのではないでしょうか?

スポンサーリンク