お金は墓場まで持って行けないのでお金を貯めるのは無駄!?

スポンサーリンク

お金は今使うことが大事!?

生活を切り詰め節約して、会社や友達などからの飲み会や食事や旅行などを断り、趣味や好きな事を制限して、例えば1億と貯めたとしても、亡くなってしまえば、その貯めたお金を墓場にまでは持って行けません。

そんなことは、誰にいわれることもなくわかることだと思います。

それならば、生きている今のうちにお金を使ってしまって、老後は、お金がないながらも適当に暮らして行ければ良いのではないかとも考える。

だから、お金は今使うことが大事だという。果たしてそうなのか?

お金がなければ苦労する?

しかし、何かあって急にお金が必要になったらどうするのか?

お金がなければ当然苦労することになります。そして、その苦労をしたくないがために、多くの人は、もしものことを考えてお金を貯めているのだと思います。

しかし、日本人は、亡くなる時が1番お金持ちで、平均3000万円を残して命を終えるといいます。

それは、生きている間にしか使えないものを貯め込んだまま亡くなるということです。

お金は使ってこそ価値がある?

お金は使ってこそ価値のあるものです。使わずに貯め込んでいても、それはただの紙切れに過ぎません。しかし、そうはわかっいても、貯め込んでしまうのがお金です。

それは、上記にも書いたように、もしものときのことを考えると、お金を貯め込まずにはいられないからです。

だから、仮に、自分の亡くなる年齢がわかれば、その亡くなる年齢に合わせて、キッチリお金を使い切って亡くなることができるのにと思いますが、そんなことはできない相談です。

結局、お金を貯め込むことって、私もそうなのですが、精神安定剤的な効果と同じで、あればあるだけ安心するというだけのことだと思います。

お金=精神安定剤?

しかし、その安心して生きられるということが、私にとっては物凄く大きい。

それは、お金がある程度あると思うから、セミリタイアのことも考えられるし、将来の見通しも少しは立つからです。

そして、お金があるから投資もできるし、病気をしたら病院に行くこともできるし、買いたい物も買うことができるからです。

ですので、確かにお金は墓場にまで持って行けませんが、墓場に行くまでの不安を解消するための精神安定剤として、そしてセミリタイアをするための資金として、私はそのお金を有効活用できればと思っています。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク