お金の奴隷にはなりたくはないけどなってしまっている現実

スポンサーリンク

お金に支配されるお金の奴隷

お金の奴隷になるとは、お金を支配する側ではなく、お金に支配される側になってしまうことです。

お金は、自分の選択肢を増やしてくれる便利なアイテムだと思います。

それは例えば、外食をする場合、500円しか持っていない人は、500円以内のものを食べなければなりません。

しかし、1万円持っていたとすれば、食べられる物の選択技が広がるということです。

生活のために労働は必要だけど・・・

しかし、1万円を持つためには、1万円に見合う相応の労働をしなくてはなりません。

その労働がとても嫌なものだったとしたら、お金のために働いている=お金に支配されているということになると思います。

さらにその労働のために、多くの時間を犠牲にすることになれば、さらにお金に支配されているということになると思います。

ただそうはいっても、生活するためには嫌な労働だったとしても、働いてお金を稼がなくては生活が成り立たちません。

お金を使わないことに固守してしまう!?

そこで、お金は貴重とか大切なものだと思い込み、お金を使わないことに固守してしまうと思います。

そうなると、今度はお金が使えない状態になってしまい、お金を稼いで使うために労働しているにも関わらず、お金が使えない本末転倒な状態で、これは正にお金の奴隷になってしまったというこだと思います。

そして、お金は使ってこそ価値があるといわれるように、お金とは本来、心を豊かにする価値のあるものに使うべきだと思います。

しかし、心を豊かにするといって闇雲にお金を使っていては、いくらお金があっても足りないということになってしまうと思います。

バランスが大切

要は、お金を使う使わないは「バランス」が大切だということで、お金を使い過ぎるのも良くないし、使わな過ぎるのも良くないということです。

そして、お金のバランスを保つことができれば、お金に支配されることはなく、お金を有意義に使うことができると思います。

そのお金のバランスとは、収入と支出を考え、バランスよくお金を使ったり貯めたりするということです。

最後に

自分の大切な時間を切り売りして労働した対価がお金になるわけですので、お金はとても貴重なものだと思います。

しかし、お金が貴重だからといって、お金を使わず崇(あが)めているばかりでは、何も始まらないと思います。

そこで、上記にも書いたように収入と支出のバランスを考え、お金を使ったり貯めたりすることで、お金に支配されることなく、より良い人生が送れるのかなと思っています。

ただそうはいっても、バランス良くお金を使うということが、口でいうほど簡単なことではなく、場合によっては、一生に渡って悩むことになる問題だと思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク