お盆とはそもそもいつからいつまでで何をする日なのか?

スポンサーリンク

お盆のことを知っていますか?

今日は「8月15日」で、多くの会社が「お盆休み」(夏休み)になっていると思います。

その「お盆」とは、そもそもいつからいつまでのことなのか?そして、お盆とは何をする日なのか知っていますか?何となく「霊を供養する日」だということは知っていると思いますが、正式にお盆が何かわかっている人は、少ないと思います。

私自身も正式には知りませんでしたので、この際だと思い調べてみました。

お盆とは?

まず、お盆の期間は、基本的に「8月13日~8月16日」の4日間とされています。その13日を盆入り、16日を盆明けといいます。そして、お盆とは「祖先の霊を供養する行事のこと」です。

お盆の期間には、祖先の霊が子孫や家族の元に帰って来るとされ、盆の入りには、迎え火を焚き祖先の霊をお迎えし、盆明けには送り火を焚いて送ります。

迎え火とは、死者を家に迎えることです。13日の夕方、家の門口や玄関で、焙烙(ほうろく)という素焼きのお皿の上で、オガラ(麻の皮をはいだあとに残る芯の部分)を焚いて、先祖の霊を迎えます。

送り火とは、死者を送り出すことです。16日の夕方、焙烙にオガラを折って積み重ね、火をつけて燃やし、送り火として先祖の霊を送り出します。

お盆の日にやることは?

・お墓の掃除
・お墓参り
・精霊棚(しょうりょうだな)・盆棚(ぼんだな)を飾る。
・盆提灯を飾る。
・僧侶を呼び供養の法要を行なう。特に初盆・新盆の場合
・盆会墓前読経(お寺によって異なる)

難しいことを書いていますが簡単に書くと、お盆には、先祖のお墓の清掃とお墓参りをして、お盆用の飾り(精霊棚を設置するなど)をする。

そして、初盆・新盆(故人が亡くなって49日を過ぎた最初のお盆)のときは、僧侶を呼んで供養を行うということです。

その他にも地域によりやることが変わるそうですが、基本的には上記に書いたことをやるような形になると思います。

最後に

幸い私の両親は2人とも健在ですので、お盆だからといって、両親のお墓参りに行くことはありません。

しかし、小さいなころなどにお世話になった人で亡くなっている人も多数いますので、そのような人のために、たまにですが、お盆にお墓参りに行くこともあります。

そこで、お盆は、日本ならではの風習ですので、お盆の期間とお盆の簡単な内容ぐらいは覚えておいた方が良いと思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク